• 大正7年 漢方医の祖父の創業から三代 漢方一筋99年
  • 予約制でじっくり健康相談 漢方薬は大阪市城東区の聖快堂薬房
  • 漢方・漢方薬・漢方相談・漢方カウンセリング・子宝相談・薬膳・漢方ダイエット
  • 大阪市城東区 漢方ブログ 癒しの漢方 聖快堂薬房

    アクセスカウンタ

    漢方薬の御相談は梅田から11分 京橋から5分
    創業大正7年 大阪市城東区の癒しの漢方 聖快堂薬房へ
    ホームページ リニュアルしました。

    zoom RSS 明日17日、18日は連休します 芒種の末候

    <<   作成日時 : 2017/06/16 07:04   >>

    面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

    画像





    お知らせです





    明日17日(土)は誠に勝手ながら臨時休業18日(日)
    定休日の為、連休とさせていただきます





    本日、15時以降の御注文、メール等でのお問い合わせへ
    対応は19日(月)以降となりますので御了承くださいませ





    さて、今日16日は





    二十四節気 「芒種」末候





    本朝七十二候では





    「芒種」末候





    ” 梅の子黄ばむ ”





    梅の実が熟して黄ばむ時節であるとされ





    中国の七十二候では





    「芒種」末候





    ” 反舌(はんぜつ)声無し ”





    反舌=もず 




    百舌が「夏至」が近づくにつれ鳴かなくなる時節といいます。






    最後に写真は梅ではなく





    東日本での販売が中止になると言う事で





    最近、話題のスナック菓子 カール





    大阪では無くなるわけではないのですが





    メディアで取り上げられると





    久しぶりに食べて見たくなる人が多いのか・・・品薄





    せいかいどうもご多聞にもれずその1人で久しぶりにカール
    を買って見ました(笑)





    そこで懐かしさも手伝い





    明治のスナック菓子 カールの歴史を少々調べたところ





    デビューしたのが1968年 日本初のスナック菓子として発売
    されたとの事





    せいかいどうが小学2年生の頃なのですが・・・





    ん? 日本初のスナック菓子??





    かっぱえびせんが先じゃね??





    そんな疑問が湧いてさらに調べてみるとかっぱえびせん
    の前身






    かっぱあられの誕生は1955年






    かっぱあられが改良されかっぱえびせんになるのが1964年






    「やめられない、とまらない」というTVのCMで爆発的なヒットと
    なるのが1969年の事






    透明なパッケージから今ではおなじみのシンボルカラー赤を
    基調としたパッケージになったのはそれからずっとあとの事で
    1981年






    一方のカールは1968年の発売から数年を経て1970年代半
    ば、80年代になってカールのパッケージにキャラクターの坊や
    やCMソングで馴染深いカールおじさんが登場している為か、
    せいかいどうの個人的な感想としてはかっぱえびせんの方が
    スナック菓子としては印象深かったわけですね






    おっと、余談が長くなりましたが・・・






    そのカールの原料はというと”とうもろこし”






    たまにはカールを懐かしんで食べるのも悪くはありませんが






    これからの時期、積極的に食べたいのが旬の食材”とうもろこし”






    画像









    ■ 玉蜀黍 とうもろこし




    熱帯アメリカが原産で安土桃山時代に種子が渡来した
    というイネ科植物”とうもろこし”は体内に滞った余分な
    「水」「湿」を解消する「祛湿」の食材




    五性 「平」




    五味 「甘」




    帰経 「脾」「胃」「大腸」「肝」「腎」「膀胱」「心」「小腸」





    薬効は




    むくみ、排尿困難、黄疸によい「清熱利湿」





    疲労、腹脹、食欲不振、食少によい「健脾益肺」





    さらに近年の研究ではコレステロールを下げ動脈硬化に
    効果があるとも






    ※ とうもろこしの先端にふさふさ生えた髭は”南蛮毛”と
    呼ばれ利尿や血圧降下の民間薬としても使われます。





    湿気の多い梅雨時期には季節の恵み”とうもろこし”
    まさに薬食同源を実行できる体に良いオヤツですよ♪





    あ、今週末はカールのうすあじを買う予定のせいかいどう
    でした(爆)







    ■食養生・薬膳の過去記事へ

    http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


    ■生薬の話 過去記事へ

    http://seikaido.at.webry.info/theme/c34adcc325.html


    ■私のお気に入り 過去記事へ

    http://seikaido.at.webry.info/theme/169c7f4e2e.html




    ■聖快堂のホームページ

    http://www.seikaido.com



    漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問い合わせ
    、御相談は御電話またはメールにてお願いします。

    テーマ

    関連テーマ 一覧

  • 創業大正7年 漢方医の祖父が創業して以来 漢方一筋99年
  • 漢方薬の御相談は大阪市城東区の聖快堂薬房へ
  • 完全予約制でじっくり健康相談 初回 約120分
  • 平日10〜18時 土曜10〜14時 日祝休業
  • 梅田から11分(地下鉄 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分)
      京橋から5分(京阪 京橋から野江へ2分 徒歩3分)
  • 漢方・漢方薬・漢方相談・漢方カウンセリング・子宝相談・薬膳・漢方ダイエット

  • 月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ
    気持玉数 : 3
    面白い 面白い
    驚いた

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文
  • 漢方医の祖父が創業して以来 漢方一筋99年
  • 創業大正7年 漢方薬の御相談は大阪市城東区の聖快堂薬房へ
  • 完全予約制でじっくり健康相談 初回 約120分
  • 平日10〜18時 土曜10〜14時 日祝休業
  • 梅田から11分(地下鉄 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分)
      京橋から5分(京阪 京橋から野江へ2分 徒歩3分)
  • 漢方・漢方薬・漢方相談・漢方カウンセリング・子宝相談・薬膳・漢方ダイエット
  • 御予約・通販は 06−6931−1057
  • 御問い合わせメール
  • 聖快堂の基本理念、システム等はホームページを御覧ください。
  • 梅田から11分(地下鉄 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分)京橋から5分(京阪 京橋から野江へ2分 徒歩3分)
  • 明日17日、18日は連休します 芒種の末候 大阪市城東区 漢方ブログ 癒しの漢方 聖快堂薬房/BIGLOBEウェブリブログ
    ホームページ リニュアルしました。
       聖快堂カルテはBIGLOBE公認のおすすめブログです。
    文字サイズ:       閉じる