• 大正7年 漢方医の祖父の創業から三代 漢方一筋99年
  • 予約制でじっくり健康相談 漢方薬は大阪市城東区の聖快堂薬房
  • 漢方・漢方薬・漢方相談・漢方カウンセリング・子宝相談・薬膳・漢方ダイエット
  • 大阪市城東区 漢方ブログ 癒しの漢方 聖快堂薬房

    アクセスカウンタ

    漢方薬の御相談は梅田から11分 京橋から5分
    創業大正7年 大阪市城東区の癒しの漢方 聖快堂薬房へ
    ホームページ リニュアルしました。

    zoom RSS 梅雨風邪、夏風邪 小暑

    <<   作成日時 : 2017/07/07 06:48   >>

    なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

    画像






    七夕前日の牛車を洗う洗車雨としてはあまりにもの豪雨禍





    そして別れを惜しむ催涙雨(酒涙雨)の風情を楽しむ余裕
    すら無い今年の七夕の雨





    6日の夜から本日未明





    天の川や牽牛星、織女星が最も輝く





    七夕の「夜明けの晩」を





    全国各地でどれだけの方が楽しめたでしょうか






    あらためて豪雨禍にある被災地の皆様へ心からの御見舞
    いを申し上げます






    さて、今日7日





    前記の通り 七夕でもありますが





    二十四節気では「小暑」





    日本、中国共に





    七十二候では「小暑」初候





    ” 温風(あつかぜ)至る ”




    温風(真夏から夏の終わりにかけて吹く暖かい風)が
    吹き始める頃とされます




    ※ 実際の五節句の”七夕 しちせき”は旧暦の7月7日


      今年は8月28日

      
      というわけで本当の洗車雨や催涙雨は27日と28日






    最後に温風が至るという頃ではありますが






    日々の漢方相談の場では風邪に関する御相談がここの
    ところ増えています






    ウイルスの体内への侵入が原因で起きる事が多い冬場
    の風邪と違い






    この時期に風邪症状を訴える患者さんの多くは舌診、
    問診をすすめると共通して感じるのが「お腹の冷え」
    みぞおち辺りでチャプチャプと振水音がする「胃内停水」





    外気温が高くなる蒸し暑い梅雨時期や夏は体の中心が
    季節とは反対に「陰」「寒」に傾くという「夏は伏陰」の話
    は過去記事で何度も書いています




    夏は伏陰の過去記事へ


    http://seikaido.at.webry.info/200806/article_14.html


    http://seikaido.at.webry.info/201105/article_2.html






    そんな人の体と自然界の密接な関係やバランスを無視し





    口当たりが良く喉越しの良い冷たい飲み物や生ものを
    摂り過ぎたり





    適度な運動で体を動かしたりもせず、汗も掻かずに1日中
    、エアコンの中で過ごしたり、入浴もシャワー等で簡単に済
    ませたりしていると・・・






    体の深部が冷えてしまい臓腑機能が低下






    臓腑機能の低下=自律神経の乱れは生体恒常性の乱れ







    免疫力も著しく低下してしまいます






    特に「胃」「水」が滞ると風邪にも似た鼻炎等の呼吸器や
    喉の不調が起こりやすく






    風邪を引いてしまったと御相談にお見えになる方も少なく
    ありません






    梅雨や夏によく風邪をひく






    冬の風邪とは違い






    症状は軽めで寝込むほどではない






    主な症状は微熱や鼻炎、喉の不快感等である






    そんなあなたの梅雨時期の風邪、夏の風邪の原因は






    日々の不摂生から






    お腹が冷え 体内に余分な「水」が滞っている事にあるかも






    日々の生活習慣や食習慣を






    今一度 しっかりと見直してみましょうね






    (追記)



    七夕前や七夕当日の漢方相談に見えられた患者さんから
    よくいただく質問に



    「七夕には何を食べますか?」



    というものがあります



    他の雑節に比べ 特に何って思い浮かばないですよね??



    近年、中国の故事にある七夕に小麦粉と米粉を混ぜて作る麺
    索餅(さくべい)を供えると流行病にかからないという言い伝え
    が平安時代に中国から七夕の伝来と共に宮中における七夕の
    行事食として伝わったという記録がある事から・・・



    「七夕そうめん」が徐々に一般にも普及してるようなので今夜は
    献立に迷ったらそうめんをどうぞ〜(笑)



    七夕そうめんの過去記事へ

    http://seikaido.at.webry.info/201507/article_6.html






    ■季節に多い病気の過去記事へ

    http://seikaido.at.webry.info/theme/3de8191f52.html



    ■よくある相談 過去記事へ

    http://seikaido.at.webry.info/theme/b1b79e308b.html




    ■聖快堂のホームページ

    http://www.seikaido.com



    漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問い合わせ
    、御相談は御電話またはメールにてお願いします。

    テーマ

    関連テーマ 一覧

  • 創業大正7年 漢方医の祖父が創業して以来 漢方一筋99年
  • 漢方薬の御相談は大阪市城東区の聖快堂薬房へ
  • 完全予約制でじっくり健康相談 初回 約120分
  • 平日10〜18時 土曜10〜14時 日祝休業
  • 梅田から11分(地下鉄 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分)
      京橋から5分(京阪 京橋から野江へ2分 徒歩3分)
  • 漢方・漢方薬・漢方相談・漢方カウンセリング・子宝相談・薬膳・漢方ダイエット

  • 月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ
    気持玉数 : 2
    なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

    トラックバック(0件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文
  • 漢方医の祖父が創業して以来 漢方一筋99年
  • 創業大正7年 漢方薬の御相談は大阪市城東区の聖快堂薬房へ
  • 完全予約制でじっくり健康相談 初回 約120分
  • 平日10〜18時 土曜10〜14時 日祝休業
  • 梅田から11分(地下鉄 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分)
      京橋から5分(京阪 京橋から野江へ2分 徒歩3分)
  • 漢方・漢方薬・漢方相談・漢方カウンセリング・子宝相談・薬膳・漢方ダイエット
  • 御予約・通販は 06−6931−1057
  • 御問い合わせメール
  • 聖快堂の基本理念、システム等はホームページを御覧ください。
  • 梅田から11分(地下鉄 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分)京橋から5分(京阪 京橋から野江へ2分 徒歩3分)
  • 梅雨風邪、夏風邪 小暑 大阪市城東区 漢方ブログ 癒しの漢方 聖快堂薬房/BIGLOBEウェブリブログ
    ホームページ リニュアルしました。
       聖快堂カルテはBIGLOBE公認のおすすめブログです。
    文字サイズ:       閉じる