• 大正7年 漢方医の祖父の創業から三代 漢方一筋101年
  • 予約制でじっくり健康相談 漢方薬は大阪市城東区の聖快堂薬房
  • 漢方・漢方薬・漢方相談・漢方カウンセリング・子宝相談・薬膳・漢方ダイエット
  • 大阪市城東区 漢方ブログ 癒しの漢方 聖快堂薬房

    アクセスカウンタ

    漢方薬の御相談は梅田から12分 新大阪から14分 京橋から6分
    創業大正7年 大阪市城東区の癒しの漢方 聖快堂薬房へ
    ホームページ リニュアルしました。

    zoom RSS 六気の話 “気候と病の関係”

    <<   作成日時 : 2006/05/26 11:57   >>

    ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 0

    画像


    どんよりとした曇り空の大阪は今にも雨が降り出しそうです。

    今週末も雨の予報が出ていますが今年の五月は本当に雨が多いですね。

    すでに五月の平均降水量の3倍を記録した地方もあるようですが、そんな
    鬱とおしい曇天にもかかわらず聖快堂には朝早くから訪問者が来ています。

    店の奥の坪庭、新緑もまぶしい葉の上に小さなてんとう虫を見つけちょっと
    嬉しくなりました。

    雨宿りの場所を探しているのかも知れませんね。


    季節はまもなく梅雨へ・・・

    そして暑い夏がやってきます。


    今日はそんな季節の変り目を前に季節と病、気候と病について少々考えて
    見たいと思います。


    漢方では人が病になる原因を“外因”“内因”“不内外因”があると考えます。


    “内因”は以前書いた“五臓六腑”や“七情””五悪”等の記事を御参照ください。
    http://seikaido.at.webry.info/theme/6285152e0e.html



    “不内外因”は簡単に言うと偏食、運動不足、不規則な生活習慣が引起すもの
    で“外因”“内因”に分類されないものです。


    そして今日の本題“外因”に話を進めます。


    東洋思想は自然界における気候の変化を「風・寒・暑・湿・燥・火」の“六気”
    と考え“六気”には万物を育む力があると考えられてきました。


    季節の変わり目や天候不順等により“六気”に過不足が生じ自然界のバランスが
    崩れると“六気”は“邪気”を得て“六邪”となり、人の体に侵入し病が生じる
    と考えられてきたのです。


    人も自然の一部として捉え同じ患者さんであっても季節の変化に合わせ方剤を変
    える漢方独特の考えはここから来ています。


    漫然と長期間同じ方剤を服用するのではなく季節と一人一人の証の変化に合わせ
    体内に生じた過不足を解消しバランスを整える。
    西洋医学には真似のできない漢方の特徴でもあり、得意分野でもありますね。


    すでに梅雨の走りを感じさせるような日本列島。


    これからの季節「梅雨」は水の性質を持ち粘った“湿邪”に注意。

    足のむくみ、関節痛、大小便のトラブル、胸のつかえ、倦怠感等は“湿邪”が原因
    です。

    そして今年の夏は猛暑になるとの長期予報が報じられていましたが、猛暑は“暑”
    が過剰となり“火”に転じる事も。

    “暑邪”や“火邪”によって口渇、息切れ、発熱、そして大量の汗が体内を巡る
    「津液=血以外の体液で全身の内外をうるおす働きを持つ」を枯渇させ慢性疲労の
    ような心身の疲れをもたらします。


    画像



    これからの時期、まずは“湿”そして“暑”夏は“火”に充分に注意が必要です。


    自然界の変化と共に忍び寄る“六邪”に負けない「ホメオスタシス=生体恒常性」
    を持つには規則正しい生活と養生で自然界の変化に体を無理なく適応させる事が
    何より大切ではないでしょうか。





    ■服薬相談、御注文は下記HP内、専用フォームからどうぞ。
     http://www.seikaido.com
     http://www.seikaido.com/9_QA/seikaido_QA_1.html

    聖快堂カルテはBIGLOBE公認のおすすめブログです。

    テーマ

    関連テーマ 一覧

  • 創業大正7年 漢方医の祖父が創業して以来 漢方一筋101年
  • 漢方薬の御相談は大阪市城東区の聖快堂薬房へ
  • 完全予約制でじっくり健康相談 初回 約120分
  • 平日10〜18時 土曜10〜13時 日祝休業
  • 梅田から12分(地下鉄 東梅田から野江内代へ8分 徒歩4分)
      京橋から6分(京阪 京橋から野江へ2分 徒歩4分)
      新大阪から14分(JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩3分)
  • 漢方・漢方薬・漢方相談・漢方カウンセリング・子宝相談・薬膳・漢方ダイエット

  • 月別リンク

    ブログ気持玉

    クリックして気持ちを伝えよう!
    ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
    →ログインへ

    トラックバック(12件)

    タイトル (本文) ブログ名/日時
    過ごしやすい時期だからこそ・・・
    日中は25度を越すような日もあるものの随分と秋めいてきました。 ...続きを見る
    聖快堂カルテ
    2008/04/12 11:31
    三伏と“暑”の病 (2)
    昨日の続きです。 ...続きを見る
    聖快堂カルテ
    2008/04/16 17:48
    気象に合った選薬を・・・
    日々の漢方相談でよくある光景。 ...続きを見る
    聖快堂カルテ
    2008/04/16 18:00
    残った邪気と “肺炎”
    衣替えの朝を迎えた大阪。 ...続きを見る
    聖快堂カルテ
    2008/04/16 18:12
    “麻疹 はしか”と漢方
    今、首都圏を中心に“麻疹 はしか”が大流行だそうですね。 ...続きを見る
    聖快堂カルテ
    2008/04/16 18:20
    いいえ、冷やしてください・・・ 夏の風邪
    西の方から梅雨明けの便りが届きだしはじめましたが・・・ ...続きを見る
    漢方ブログ 聖快堂カルテ
    2008/07/11 08:11
    人は瑕を持つ不完全な存在
    人は瑕を持つ不完全な存在 ...続きを見る
    漢方ブログ 聖快堂カルテ
    2008/07/25 08:17
    湿舌と湿邪に御用心
    ここしばらく九州北部や中国地方に大雨を降らしているのは「湿舌」 が原因なんだとか。 ...続きを見る
    漢方ブログ 聖快堂カルテ
    2009/07/30 07:50
    生冷の食 脾胃を破る・・・
    梅雨真っ只中 ...続きを見る
    漢方ブログ 聖快堂カルテ
    2010/07/01 08:32
    気象病が目立った1週間
    雨・雨・雨・と・・・ ...続きを見る
    漢方ブログ 聖快堂カルテ
    2011/05/13 08:12
    梅雨入り 芒種の次候
    今日11日は ...続きを見る
    漢方ブログ 聖快堂カルテ
    2012/06/11 10:36
    その心と体の不調は気象病かも
    頭が重く ...続きを見る
    大阪市城東区 癒しの漢方 聖快堂薬房 ...
    2016/05/18 06:56

    トラックバック用URL help


    自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

    タイトル
    本 文

    コメント(0件)

    内 容 ニックネーム/日時

    コメントする help

    ニックネーム
    本 文
  • 漢方医の祖父が創業して以来 漢方一筋101年
  • 創業大正7年 漢方薬の御相談は大阪市城東区の聖快堂薬房へ
  • 完全予約制でじっくり健康相談 初回 約120分
  • 平日10〜18時 土曜10〜13時 日祝休業
  • 梅田から12分(地下鉄 東梅田から野江内代へ8分 徒歩4分)
      京橋から6分(京阪 京橋から野江へ2分 徒歩4分)
      新大阪から14分(JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩3分)
  • 漢方・漢方薬・漢方相談・漢方カウンセリング・子宝相談・薬膳・漢方ダイエット
  • 御予約・通販は 06−6931−1057
  • 御問い合わせメール
  • 聖快堂の基本理念、システム等はホームページを御覧ください。
  • 梅田から12分(地下鉄 東梅田から野江内代へ8分 徒歩4分)
      京橋から6分(京阪 京橋から野江へ2分 徒歩4分)
      新大阪から14分(JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩3分)
  • 六気の話 “気候と病の関係” 大阪市城東区 漢方ブログ 癒しの漢方 聖快堂薬房/BIGLOBEウェブリブログ
    ホームページ リニュアルしました。
       聖快堂カルテはBIGLOBE公認のおすすめブログです。
    文字サイズ:       閉じる