“水穀の気”を大切に

画像



先日、新聞紙上で大阪府内の全公立小学校の児童を対象に普段の健康状態や
生活状況などを尋ねた昨年度の「こどもの健康調査」の結果が掲載されました。


その調査結果によると就寝は夜10時以降というのが6年女子で約7割、この
傾向は都市部ほど強くゲームや携帯、TVに熱中し夜更かし、そして翌朝は朝食
を抜いたり朝食もほどほどに登校。


体の疲れや頭痛等の自覚症状の訴えも目立ち「都会っ子」達の健康問題が深刻
なようです。


漢方では人は母の胎内から生まれ出る時、「腎」に「先天の気」を持って生まれる
という話を以前書きました。


いわゆる命の根幹となる「生命エネルギー」です。


「先天の気」はやがて加齢と共に減るのですが、それを補うのが自らの生命活動
の中で自然界の大気や食物の中から吸収し育てる「後天の気」です。


さらに「後天の気」において大切なのは日々の食から得る“水穀の気”


これらの「気」が相まって子供の成長や疲労の回復がなされる訳です。


最近の漢方相談で特に感じるのは生命活動の根源である「気」が虚した「気虚」
の子供達が目立つ事。


昔に比べ身長は伸び体格は良くなったものの病から体を守り、五臓六腑の働きを
正常に保ち代謝を司る「気」の力が何とも弱い。


聖快堂に通われる御子様の中にはプロのサッカーチームのユースに所属しながら
「気虚」の体質改善に取組まれているような子もけっしてめずらしくはありません。



「先天の気」を子に与える母もまた「気」が乏しく・・・


さらに現代の親や子の生活スタイルが「後天の気」さえも育ちにくくしているのが
現状。


このような「気虚」のお子様の漢方相談には「気」を補い「気」を増進する補気剤や
益気剤を多く選薬いたしますが・・・




やはり基本は早寝。


夜と昼の体内時計のリズムを正確に刻む事で自然界からの「気」の恩恵をたっぷり
と受け取る。


体内時計の大切さは過去に何度も記事にしました。

http://seikaido.at.webry.info/200703/article_15.html



そして、旬の薬膳効果を持つ食材をしっかり食べて“水穀の気”を養う。


これ以上の「薬」は他にはありません。



それには何よりもまず親自身が「気」を理解し「気」を育てる生活環境を作る事から
始めなければいけませんね。




■気の話 過去記事はこちらへ

http://seikaido.at.webry.info/200507/article_13.html
http://seikaido.at.webry.info/200507/article_14.html



(追記)

GW期間中に友人の御店 韓国すき焼き「レインボー」へ行って来ました。

特に美味しかったのが海鮮やネギ、ニラがタップリのチヂミ。

これで、しっかり“水穀の気”は育ったかな?(笑)

何でも「聖快堂」の名前を言ってくれたらサービスするとの事です♪

お立ち寄りの際は、是非、オーナーに「漢方の聖快堂」と言って見てくださいね。


■韓国すき焼レインボーの記事はこちらへ

http://seikaido.at.webry.info/200702/article_9.html




■漢方小児科 過去記事

http://seikaido.at.webry.info/theme/02a0aff99a.html

■食養生・薬膳 過去記事

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html





■聖快堂のオンラインストア

聖快堂 ヤフー店

聖快堂 MG店



■服薬相談、御注文は下記HP内、専用フォームからも可能です。
 http://www.seikaido.com
 http://www.seikaido.com/9_QA/seikaido_QA_1.html



大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。