桃太郎は何故”桃”なの?

画像





これから旬を迎える”桃”


先日、”桃”を食べていて


ふとした疑問が・・・


”桃”から生まれた桃太郎


育ての親であるお婆さんが作ったきびだんごを腰にぶら下げ、犬、猿、雉
を家来にして鬼ヶ島へ鬼退治に行く話。


日本のおとぎ話の中でも最も有名な物語の1つですね。



でも・・・ 何で”桃”から生まれたの??


”桃”は五性が「温」だから?


ふくよかな女性を思わすその形状?


それらを母の胎内に例えた??


そんな想像を拡げてはみたものの答えは見つからず。(笑)



そこで少々調べて見る事に!


何故、桃太郎”桃”から生まれた??


その答えは意外なものでした。


実際のところ物語としての「桃太郎」は明治初期の頃までは”桃”から生
まれたのではなかったのですよ。


ではどこから!?


何でも”桃”を食べて若返った!お爺さんとお婆さんの間に桃太郎が生ま
れたという話が当時は主流だったとか。


う~む


それで納得!!


薬膳の話と繋がる!!


”桃”は古から食べると長生きする「長生果」とも呼ばれていた果実です。

人の五臓六腑の機能が低下した状態「気虚」に良いとされ、漢方の薬膳
思想では「補気」類に分類される薬食。


”桃”は食べると元気が出る!若返りの果実と考えられたのでしょうね。


”桃太郎”若返りの回春話でもあったわけですね。(笑)


※他には「生のシンボル」であり「命の源」である女性器を桃を例え、桃に
は鬼等の邪悪なものを祓う力があると信じたと言う説も。




■ 桃


五性 「温」


五味 「甘」「酸」


帰経 「肺」「肝」「胃」「大腸」



その薬効は


疲れや口の渇き、火照り、寝汗に良い「益気生津」


胃の働きを助け血の巡りを良くする「補脾活血」


腸を潤し便秘を治す「養陰潤燥」


風寒の咳、虚労の咳、喘息に良い「利肺鎮咳」









■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html





■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の第3類医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問
い合わせ、御相談は御電話またはメールにてお願いします。




大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。