朝日を浴びる 小寒の次候

画像




今日10日は


二十四節気「小寒」次候


本朝七十二候では


「小寒」次候


” 水泉(しみず)あたたかを含む ”


地中の凍った泉も春の到来をいち早く感じ動き出す時節であるとよまれ



中国の七十二候では


「小寒」次候


” 鵲(かささぎ)始めて巣くう ”


鵲が春に向け巣作りを始める時節であるとよむとか



さて、地中の水泉や鵲が春の訪れを知らせる時期とはいえ


長い年末年始の休暇に慣れてしまった体には


朝早く起きて暖かい布団から抜け出すのに勇気が要ることでしょうね


あと10分


もう5分だけ・・・


きっと、こんな光景がどこの御家庭でも多いかも知れませんね(笑)


しかし、そんな時こそ過去記事で何度も取り上げたように


規則正しく起きて


朝日を浴びる事がとても大切なんですよ。


体内時計を整える事は自律神経を整える事!


何時間寝たではなく


いつ寝たかが大切



子午流注の話

http://seikaido.at.webry.info/200904/article_9.html


体内時計の話

http://seikaido.at.webry.info/200703/article_15.html




現代社会は


24時間型社会とはいえ


それは人類の歴史から言うと


たかだか近数十年での話


休み明けから


どうも体調がすぐれないと言うアナタ!!


今夜は早寝


そして明日は早起きし


しっかり朝日を浴びて


陽の気運を体の奥にしっかり取り込みましょうね~


せいかいどうは毎朝、愛犬との早朝散歩で朝日を浴びる毎日ですよ~





■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html


■漢方講座の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/6285152e0e.html








■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の第3類医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問
い合わせ、御相談は御電話またはメールにてお願いします。

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。