手のひらや足の裏が熱い

画像






遊び疲れて爆睡している愛犬もも




眠っている愛犬達の体をなでるが好きなせいかいどう




特に肉球のぷにゅぷにゅを触ってると時間が経つのも忘れます(笑)




きっと脳内からオキシトシンが分泌され癒されているのでしょうね♪




さて、今日は肉球が無い・・・人の手のひらや足の裏の話



手足が冷えて辛いと言う漢方相談はよくある相談でめずらしくないのですが
、時折その逆で手のひらや足の裏が熱くて仕方ないという御相談をいただき
ます。


その原因は様々なのですが詳しい問診や舌診等をすすめると以下のような
ケースが多いようです



五臓の「腎」に蓄えられた「精気」枯渇した状態



体内の「陰」「陽」バランスが崩れ、盛んな「陽」「陰」コントロール出来
ていない状態



「陰極まれば陽に転ず」 長期間、体の冷えを放置したが為に冷えが反対に
不要な熱に転化し滞る状態



等があります



手と足 四肢を単に物を掴んだり、歩いたりというパーツとしてだけではなく
手足の活動状態で体内の「陰」「陽」バランス五臓六腑の状態をも知る事
が出来るのが漢方です。



こういう御相談でお見えになる患者さんのほとんどは複数の病院を回ったが
原因が分からず、中には抗不安薬が出た事もあるという話をよく聞きます。



手や足の裏の熱感に悩んでいると言うアナタは



漢方でその原因を考えてみませんか?





■よくある相談 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b1b79e308b.html



■漢方講座の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/6285152e0e.html


■ペットと漢方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/1027eb72c0.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問い合わせ
、御相談は御電話またはメールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。