ホットフラッシュ 更年期のほてりと汗

画像







日々の漢方相談において





女性患者さんから





とても多い相談の1つが




ほてり




のぼせ




発汗






を引き起こす





”ホットフラッシュ”





いわゆる更年期といわれる年代に入ると女性ホルモンが
急激に低下し、脳の視床下部が不具合を起こし自律神経
が体温を上手に調整しずらくなると言われます。





女性ホルモンの恩恵を受けている時は暑さ、寒さにも体が
すぐに適応し体温を調整してくれ快適な状態を保ってくれる
のですが・・・





女性ホルモンが減少すると





体温の調整が難しくなり、快適に過ごせる温度の幅がど
んどん狭くなるため




周囲にいる他の人が感じ無いような、ちょっとした暑さや寒
さにも敏感に体が反応してしまうのです





また、わずかな体温変化で血流が増え生じるほてりや汗、動
悸は夜間の不眠につながるケースも多いので注意が必要。






さらに「若腎虚」とも言われますが・・・



過去記事へ


http://seikaido.at.webry.info/200801/article_5.html


http://seikaido.at.webry.info/201603/article_5.html

http://seikaido.at.webry.info/201603/article_6.html




近年はまだまだ閉経には縁遠いような年代の女性にも
更年期のホットフラッシュのような症状がみられる事が
が増えています





「腎」の衰え





更年期や腎の衰えに起こる様々な症状の改善は





漢方の得意分野





それぞれの体質やタイプに合わせ





いろんな御薬があります





その不快な症状を更年期だからとあきらめないで





漢方で治してしてみませんか







※ 2015年秋 ホームページリニュアルしました。

http://www.seikaido.com






■漢方婦人科 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/9dc43fe750.html


■よくある相談 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b1b79e308b.html







漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問い合わせ
、御相談は御電話またはメールにてお願いします。

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。