十三夜と秋に多いアレルギー

画像





十三夜




昨夜は旧歴 9月13日




旧暦8月15日の仲秋の名月と合わせ




片見月とならぬよう・・・




※ 中国から伝わった旧暦8月15日の観月と異なり
旧暦9月「十三夜」の古くから伝わる日本固有の風習


暦事典によると旧暦八月「十五夜」の月見をして旧暦
九月「十三夜」の月を観ない事を「片見月」と呼び嫌っ
たとか


そんな大事な話は昨日でブログで書けって!?

いや、昨夜 月を見るまで忘れてまして・・・(汗)





片見月とならぬよう




雲間からおぼろげに見える




満月には三日早い




十三夜の月を愛でたせいかいどうでしたが




ベランダに出て月を眺めていると




思わず、くしゃみが




ここ数日でホント 朝晩は肌寒さを感じるように
なりましたね





実際に日々の漢方相談においても寒暖差原因
となる鼻炎じんましんなどの相談が増えています。



寒暖差アレルギーや寒冷じんましんの過去記事へ


http://seikaido.at.webry.info/201111/article_3.html


http://seikaido.at.webry.info/201510/article_12.html




五臓の「脾」」の子が五官の「鼻」や五体の「皮」



五臓の「脾」が弱ると体のバリア機能低下寒暖差
が原因のアレルギーが起こりやすくなります



詳しくは


http://seikaido.at.webry.info/201407/article_2.html



毎年、この時期になると鼻炎じんましん等のアレルギー
を起こしやすいと言うあなた!



安易に鼻炎薬や塗り薬で済ませるのではなく



「脾」を補い、体を守るバリア機能「衛気」の働きを助ける
自身の体質に合う漢方体質改善に取り組むことをおす
すめします~






■漢方アレルギー科の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/f6525894d4.html


■季節に多い病気の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/3de8191f52.html





■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問い合わせ
、御相談は御電話またはメールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。