むずかゆい・・・話

画像






辛い花粉症





せいかいどうが住む大阪では





スギ花粉の飛散もピークを超え





次はヒノキ花粉の飛散が本格化





そのヒノキ花粉も来月の終わりGWが始まる頃には
ほぼ終息となるのですが・・・





近年はその後も梅雨入りの前後までイネ科の植物
の花粉





秋は秋でキク科のブタクサの花粉






ホコリやダニ等のアレルゲンまで入れると四季を問わず
1年中「アレルギー」に悩む人が日々の漢方相談の場に
おいても爆発的に増えていますね






それもそのはず






花粉症やアトピー、喘息等のアレルギー疾患に悩む人の
割合は日本では3人に1人






まだ症状にはあらわれてはいないもののいわゆる「アレルギ
ー体質」
と思われる人は実に日本人8割に達すると言う研
究もあるそうです





一般的に「アレルギー」は花粉やハウスダスト等のアレルゲン
や気温の寒暖差等に対し体の中にある免疫システム過剰
反応してしまう事が原因と言われていますが・・・






漢方では五臓「肺」 五官「鼻」 五体「皮」に関する病は
その母である五臓六腑の「脾」「胃」養生が大切という教え
があります





鼻炎や喘息等の呼吸器の病もアトピー等の皮膚の病も実は
「脾・胃」を含めた消化器の病でもあると言う考えです





事実、聖快堂では長年病院では治らなかった喘息やアトピー
等の病を「脾・胃」を元気にする事で多くの患者さんが寛解
されておられます




漢方には”衛気”という考えがあります。




“衛気”(えき)とは




全身の脈外を流れる「気」の事で“衛気”は臓腑を温め、
皮膚に栄養と潤いを与えると同時に全身をくまなく巡り
体表部の皮毛の開閉を調節し、皮膚粘膜保護して
様々な「外邪」(発病因子)から体を守る目に見えない
リアー
のような役割をはたすもの。


詳しくは過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/200802/article_20.html






病院から処方された飲み薬や塗り薬では





なかなかよくならない





鼻炎や喘息





アトピー性皮膚炎等のアレルギー疾患に悩むあなた





気温の変化にもすぐに鼻や体が反応しムズムズカユカユ





浴槽に浸かるとムズムズカユカユ





布団に入るとムズムズカユカユ





体を動かし温まるとムズムズカユカユする





アレルギー予備軍 アレルギー体質のアナタ





漢方相談でしっかり御自身の体質を見究め 





体質に合う漢方薬で「脾」「胃」を養生し





アレルギーの原因となっている御自身の乱れた
免疫バランスを整えてはみませんか?






■漢方アレルギー科の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/f6525894d4.html


■季節に多い病気の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/3de8191f52.html


■よくある相談 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b1b79e308b.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問い合わせ
、御相談は御電話またはメールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。