梅雨時期に増える湿疹の相談 芒種の次候

画像






明後日11日は





二十四節気 「芒種」次候





本朝七十二候では





「芒種」次候





” 腐れたる草蛍と為る ”





腐って蒸れた草の下から孵化した蛍が夕闇に光る姿を
あらわし始めるころとし





中国の七十二候では





「芒種」次候





” 鵙(もず)始めて鳴く ”





鳥の鵙が鳴き始めるころとします






さて、一昨日 梅雨入り宣言の出た大阪





梅雨入り当日は丸一日が雨





昨日も時折、小雨が降るぐずついた梅雨空となりましたが





例年、湿度の高いこの時期になると日々の漢方相談で増え
て来るのが原因を特定しずらい”湿疹”に関する御相談





手や足に発症する事も多い水泡の様なポツポツした小さく
赤い湿疹等で





皮膚科を受診したものの原因は不明





とりあえず痒み止めの飲み薬や塗り薬をもらっては来た
ものの・・・





こういう原因の特定が難しい”湿疹”も漢方で治るのか?
という御相談内容





漢方ではこの時期に多い前記のような”湿疹”「湿熱」
邪気が経絡に留まった事が原因となる「湿熱外欝」と考え
ます





雨が多く蒸し暑い梅雨





湿度が高くなるこれからの時期は人の体の消化機能も低下
する為、体内に余分な「水」「湿」が滞りやすく、それらが邪
と結び付き熱を持つと四肢の痒みや”湿疹”を発症させ、時に
は下腹部や外陰部にも現れるので注意が必要



夏は消化器の機能が低下する 夏は伏陰の話へ

http://seikaido.at.webry.info/200806/article_14.html

http://seikaido.at.webry.info/201105/article_2.html




例年、梅雨のこの時期になると原因不明の赤いポツポツや
”湿疹”が出来て痒いというあなた





掻くとすぐに患部がジュクジュクになって困っているあなた





まずは体内に余分な「水」「湿」を溜め込まない事





適度な運動で汗腺を開き 良い汗を掻くようにしましょう





そして体内の余分な「水」「湿」の排出を助ける夏野菜を
はじめとする旬の食材を上手に摂りながらそれぞれの体質
に合った漢方の服用がもっとも効果的ですよ~





最後に今夜は満月が最も小さなミニマムムーン





それも赤く色づくストロベリームーンとの事





どうぞ、楽しいお月見の週末を~






■漢方アレルギー科の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/f6525894d4.html



■季節に多い病気の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/3de8191f52.html



■よくある相談 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b1b79e308b.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問い合わせ
、御相談は御電話またはメールにてお願いします。

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。