大熱の肉桂を楽しむ 雨水

画像





今日19日は





「立春」から15日





空から降る雪は雨となり





降り積もった雪や厚く凍った氷も解けて水となる





草木萌え動き





獺も魚を獲るのに忙しいという





二十四節気「雨水」






本朝七十二候では






「雨水」初候






” 土の脉潤(しょうるい)起る ”






「春」の訪れに草木が萌え動き雨により土中が湿り気
を含み出す頃とし






中国の七十二候では






「雨水」初候






” 獺祭魚 ”





獺魚(かわうそ)が捕えた魚をすぐには食べず岸や
岩の上に並べて置く姿が御先祖に供物を並べ祭祀
を行う人の姿に例えたとか






さて、暦の上での春 二十四節気「立春」を過ぎ






今日は前述の通り 十五日目となる二十四節気「雨水」






春は確実に一歩一歩近づいているとはいえ






まだまだ余寒が厳しい頃でもあります







そんな時に知人から頂いたのが八百源の”肉桂餅”






画像







室町時代から安土桃山時代にかけ日明貿易、南蛮貿易
の商港として栄えた堺






異国の様々な品が渡来しその中には舶来品として希少な
砂糖、肉桂、小豆もあったそうで






茶の湯の発祥の地と言う事もあり生まれたのが”肉桂餅”






その歴史を今もただ唯一受け継いだのが元祖”肉桂餅”
の八百源だとか






”肉桂” いわゆるシナモンが大好きなせいかいどうとして
はとても美味で嬉しいおやつとなりました♪






画像






■ 肉桂(ニッキ)



”肉桂”は桂皮とも呼ばれ漢方処方にもよく配合される生薬
で内臓、血脈、骨を冷えから守る「温裏類」の食材




五性「大熱」




五味「辛」「甘」




帰経「腎」「脾」「肝」「心」




その薬効は




脾腎陽虚の冷え、むくみ、生理不順、勃起不全、
下痢、喘息、心悸、不眠に効果がある「補火助陽」




脾胃虚寒の食欲不振等に良い「温暖脾胃」




生理痛、関節筋肉の寒湿痺痛に良い「祛寒止痛」





暦の上では春となったものの




そんな実感はまったくなく




毎日が寒くて仕方ないと言うあなた




それは秋から冬にかけしっかり体を補い養生しなかった
ツケでもありますが・・・




とりあえずはその性質が「大熱」




体を温める効果に優れた”肉桂”を使ったお料理等を
試してみてはいかがでしょうか?




ちなみにせいかいどうは




お気に入りのカフェに備えているシナモンパウダーを
カフェラテふりかけ飲むのが好きです~




寒い日もお腹がとても温まりますよ




特に冷えが気になる女性におすすめです。






■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html



■漢方婦人科 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/9dc43fe750.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com

漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問い合わせ
、御相談は御電話またはメールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。