愛犬の胆嚢粘液嚢腫 その後

画像






ワンちゃんドッグの結果





愛息が”胆嚢粘液嚢腫”と診断され獣医師から胆嚢摘出
の外科手術を早急に勧められたのがちょうど1年半前





”胆嚢粘液嚢腫”とは





肝臓で作られた消化酵素である胆汁を一時的に貯める
袋状の構造をした”胆嚢”の中で通常はサラサラとした緑
色の胆汁であるべきものが加齢による胆嚢壁の過形成や
運動性の低下等により胆汁の分泌障害が起こりゼリー状
の粘液となって貯まってしまう病気






症状が進むと嘔吐や食欲不振、下痢等の消化器症状を
起こす他、肝炎を起こしたり 胆道の閉鎖や胆嚢破裂等
による腹膜炎等で最悪は命に落とす場合もあると言われ
ます。






当時、すでに11歳の我家の愛犬






全身麻酔をし、体へメスを入れ開腹するリスクを考え






手術は行わず、”胆嚢”の再生を目標に胆汁の分泌を
助ける漢方や胆石を溶かす効果がある漢方、肝機能
の改善に良い生薬由来の漢方食品等を毎日の食事に
混ぜ与え続けていましたが・・・






つい先日行った腹部エコーの結果、胆嚢内に溜まった
ゼリー状の胆汁は完全に排出はされてはいないものの
この程度であれば手術は不要と言う事になりました。






来月には満13歳になる愛息






高齢犬だけに老いは止めようもありませんが・・・






毎日が快食、快便 






それなりに元気に我家の家族の一員として幸せに
暮らしています(笑)










■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html


■ペットと漢方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/1027eb72c0.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com

漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問い合わせ
、御相談は御電話またはメールにてお願いします。


大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。