七十二候も最後の大寒の末候

画像







1月も早や





明日が もう月末という





今日30日は





「大寒」末候





二十四節気の最後の「大寒」





そして七十二候も最後となりました。





本朝七十二候では





「大寒」末候





” 鶏始めて乳(とやにつく) ”





鶏が春の「気」を感じ卵を産む時期とし





中国の七十二候では





「大寒」末侯





”水沢(すいたく)腹(あつ)く堅し  ”





厳しい寒さに沢の氷が厚く張りつめる頃とします。





いよいよ新しい年、新しい春を迎える





春隣となりましたが





気温も低く 寒さや乾燥が厳しい時期だけに





インフルエンザが猛威をふるっているようで





日々の漢方相談においても





普段から漢方で体質改善に取り組まれている患者さん
からは家族全員がインフルエンザに罹ったのに自分だ
け大丈夫だったというお声をよくいただく一方





それでも御自身を含め御家族が万一、インフルエンザ
に罹患し高熱が出た時に即効性があり非常に解熱作
用に優れた漢方薬を常備しておきたいという御要望が
目立ちます。





とある記事で読んだのですが新型のインフルエンザ治療
薬に早くも耐性のあるインフルエンザが出てきたとの事。





変異し耐性を得るウイルスとのイタチごっこも意味はある
事ではありますが





中にはひと冬に2度 インフルエンザに罹ったと言う話も
あるので





先日も書いたように免疫力、漢方でいう体を外部からの
ウイルスの侵入から守る目に見えないバリア「衛気」を
養う事こそが最大の防御です。




先日の記事へ

https://seikaido.at.webry.info/201901/article_11.html







読者の皆様もインフルエンザに罹患しないように




日々の生活習慣と食養生には充分気を配りましょうね~






■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■季節に多い病気の過去記事へ

https://seikaido.at.webry.info/theme/3de8191f52.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメールに
てお願いします。

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。