寒の戻り 花冷えの夜は旬の分葱で晩酌

画像





桜の開花宣言が出て





ようやく春本番かと思われた週末でしたが・・・





昨日、そして今週前半は寒の戻り





まさに真冬並みの寒さになるところもあるとかで





そんな、花冷えの夜の晩酌の肴に選んだのが





ちょうど、関西では今時分が旬の野菜”分葱 わけぎ”






せいかいどうが大好きな”分葱””蛸”の辛子味噌和え






ぬる燗や上燗の酒には抜群に合う肴です♪






見た目は長ネギとほぼ変わらない”分葱”






実はネギ属のネギとタマネギの交雑種なので”分葱”
噛むとネギとタマネギそれぞれの風味や旨味、甘味、
食感が味わえる四重奏♪





とにかく美味いのです~(笑)






”分葱”自体の食薬効果は薬膳関連の書籍では記載が
無い為、薬効は以下の葱と玉葱、それぞれに準じたいと
思います。





■ 葱



五性 「平」「微温」



五味 「辛」



帰経 「脾」「胃」「肺」




薬効は



お腹を温め冷えを緩和する「温中散寒」



風邪の邪気を祓い、気を巡らす「発汗散寒」



※”葱”は「昇」の作用が強い食べ物なので「陰虚」に
よる微熱がある人や血圧の高い人、更年期によるの
ぼせや汗の多い人は多食避けた方がよい。





■ 玉葱



五性 「温」



五味 「辛」(生)「甘」(加熱)



帰経 「脾」「胃」「肺」「心」




薬効は



食欲不振、腹脹、下痢に良い「健脾理気」



宿食不消、げっぷ、吐き気、胃もたれに良い「和胃消食」



利尿作用でむくみに良い「利水消腫」



発熱、悪寒、腹中冷痛に良い「発表通陽」





■ 蛸(たこ)



”蛸”「血」を養い「血虚」を改善する「補益養血」の食材



五性 「寒」



五味 「甘」「鹹」



帰経 「脾」「肝」



薬効は



気血虚弱の疲れ、息切れ、めまい、産後の血虚、催乳
等に良い「養血益気」



糖尿等による口の渇きに良い「生津止渇」




タウリンが豊富な”蛸”は疲労回復にも良い為、お疲れ
気味の方はしっかり食べておきたい食材






花冷えという言葉があるように





桜の時期、特に夜桜見物などは体が冷えるものです。





この時期、特有の気温の寒暖差に





風邪を引いてる人も目立ちます。





花冷えの夜は体を温め、風邪予防に良さそうな”分葱”
食卓に乗せてみてはいかがでしょうか??





あ、ネギの代わりに”分葱”でチヂミやお好み焼きを焼いて
も美味しいよ~(笑)






■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html



■私のお気に入り 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/169c7f4e2e.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメールに
てお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。