香菜 パクチーを楽しむ。

画像






昨日の晩酌のおつまみは葉野菜の”パクチー”




中華や東南アジアの料理などに薬味として使われたりしま
すが・・・




その生の葉がカメムシのような強い匂いを持つ事から別名
「カメムシ草」と呼ばれるように




正直、好き派と嫌い派の真っ二つに分かれるクセのある
野菜ですよね





幸か? 不幸か?




せいかいどうは好き派(笑)





先週末、知人から新鮮な”パクチー”を頂いたので





夕食の鶏唐揚げに”パクチー”を盛り





もみじおろしポン酢をかけて





晩酌のおつまみととして楽しみました。





ジューシーな揚げたての熱々鶏唐揚げと酸味の効いた
ポン酢とさっぱりおろしのおかげか





そんなに”パクチー”が自己主張しなかったように感じま
したが・・・





やはり、無理な人は無理なのでしょうか(笑)





■ 香菜 パクチー



セリ科の”パクチー”は発汗を促し体表に滞った邪気を
取り除く「辛温解表」の食材



五性 「温」



五味 「辛」



帰経 「肺」「胃」




薬効は



麻疹の透発が悪い時に良い「発汗透疹



食滞胃痛に良い「消食下気」




最後によく、パクチー好きな人がブログやインスタ等で
山盛りで食べる様子を載せたりしていますが・・・



本来は多食するものではなく、体内に余分な熱がある人
は注意が必要だと言われます。




※ 4月28日(日)~5月6日(振)休業します。

   但し、4月30日及び5月3日は10時~13時
   予約制
にて臨時営業いたします。





■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■私のお気に入り 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/169c7f4e2e.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する
御問い合わせ、御相談は御電話またはメールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。