旬の苺を楽しむ 清明の末候

画像






平成の御世も残すところ半月となる





今日15日は





二十四節気 「清明」末候





日本、中国共に





七十二候では





「清明」末候





” 虹始めて見(あらわ)る ”





雨が降った後の澄んだ空気に鮮やかな虹が現れ始める
時節とされます。




※ 見(あらわ)るは目前に現るを意味






さて、写真は昨夜食べたデザートの”苺”




今では通年で食べられ




その出荷量が最も多いのは12月だそうですが





本来の旬は春、ちょうど露地物が美味しくなるのが今時分





旬の果実である”苺”の薬膳効果は以下の通りです。





■ 苺 (いちご)



日本には19世紀にオランダから伝わったというバラ科
”苺”「陰液」を補い臓腑を潤す「滋陰」類の食材。



五性 「涼」



五味 「甘」「酸」



帰経 「肝」「胃」「肺」




その主な薬効は



空咳、喉の痛み、声枯れ、盗汗、微熱によい「潤肺生津」
「滋陰補血」



「肝」にこもった余分な熱を収めてストレスを解消する
「清肝熱除煩」



歯茎の出血、排尿痛、排尿困難によい「清熱解毒」「利尿」



食欲不振、消化不良によい「健脾和胃」




今では品種も競うように改良され年中甘く美味しい果実
ではありますが・・・




やはり、旬の春にしっかり食べておきたい果実ですね。





■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■私のお気に入り 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/169c7f4e2e.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する
御問い合わせ、御相談は御電話またはメールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。