暑熱順化と夏の養生

画像







暦の上ではもう「夏」ですね。






今年の「立夏」は大型連休の最終日 5月6日






連休が明けた途端、先週は季節外れの冬日を記録する
地域が出たりと低温傾向の日が続きましたが・・・





週末から気温が急上昇し 真夏日に近い高温を記録する
地域もあり、体の「夏」モードへの切り替えがとても大変な
今年の5月です。





「暑熱順化」という言葉があります。





気温の上昇に伴う「夏」の暑さに体が慣れることをあらわ
しており、諸説はあるものの人によって数日から数十日
間が目安と言われています。





「暑熱順化」を上手に行う為に最も良いのがウォーキン
グ等の軽い運動で汗腺を開き発汗を促してあげる事、
8月に続き1年で最も紫外線が気になる時期でもあり
ますが、夏バテをせずに今年の夏を乗り切る為には外
へ出て適度な運動が大切な時期でもあります。





ちなみに漢方の古典においても陰暦の4~6月を目安
とする「夏」は春に生まれた万物が「陰」「陽」盛んに交
合成長し繁栄華美となる「蕃秀」は外へ積極的に出掛
ける事が大切と教えます。



※ 蕃秀=陽気が溢れ草花が一面に生い繁り花咲く様




さらに「蕃秀」は日々の心掛けとして



” むやみに怒らない


  外へ積極的に出掛ける


  気持ちを常に愉快に開放的に保つ 


  早起きを心掛ける ”




早寝、早起きで体内の「陰」「陽」交合を助けるべき


※子午流注 いつ寝るかが大切の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/200904/article_9.html




“ 夏は食事を控えめにし、生冷を求めない

 
  夏は肌膚、大いに開く故、外邪に注意


  涼風に久しくあたらない


  沐浴の後、風にあたらない


  夏は陰気かくれて腹中にある故、食物の消化がおそく
  多食しない


  温なる物を食べ脾胃をあたためる


  冷水を飲まない


  生冷の物を忌む


  冷水に浴すべからず  ”



等とも教えます。



※夏は伏陰 夏至の話へ

http://seikaido.at.webry.info/200806/article_14.html





史上最長の連休の疲れがまだ・・・





なんて方もいらっしゃるかも知れませんが





あとひと月足らずで始まる日本の蒸し暑い梅雨を考え
ても





体を動かすのに心地良いこの5月にしっかりと適度な
運動で汗を掻き





「暑熱順化」をしておきましょうね。







■漢方講座の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/6285152e0e.html



■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html





■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメール
にてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。