秋葵と黒木耳を楽しむ

156142743442432025177.jpg







明日からのG20大阪サミットを控え






今日から始める大規模交通規制に加え






台風3号が発生 西日本へ上陸!?






観測史上最も遅い 遅れに遅れた「梅雨」入りを

知らせるジメジメした雨






今年の何とも派手な「梅雨」入りに気忙しい朝を

迎えている今朝の大阪です。






さて、話は変わりますが・・・






写真は昨夜の晩酌のおつまみ






これから旬を迎える夏野菜”秋葵 おくら”と夏から秋が旬

”黒木耳 くろきくらげ”の和え物






高温多湿の梅雨は消化器の働きも衰え、体内に余分な

「熱」もこもりがち






そんな時に消化を助ける”おくら”と「血熱」等に良い”くろ

きくらげ”はありがたい食材。




※ 血熱



「血熱 けつねつ」とは体内に熱がこもり「血」が熱を持っ

た状態という漢方独特の考えの1つ。



「血熱」があるとほてり、のぼせや発熱、、目の充血、

イライラ、便秘、生理不順、赤みがある肌荒れ、ニキビ

、吹出物の原因になったりもする。






ネバネバ、ヌルヌルした食感とコリコリした歯応え






どちらの食感も大好きなせいかいどうには満足の一品

晩酌がすすみます~♪






■ 秋葵(おくら)




アオイ科の1年草、アジア原産の”おくら”の未熟なさく果は

ネバネバした食感を持ち消化を促進する「消食」の食材。





五性 「涼」





五味 「辛」「苦」





帰経 「肺」「肝」「胃」





薬効は





疲労や食欲不振に良い「健脾消食」





虚性便秘、腹脹に良い「潤腸通便」







■ 黒木耳(くろきくらげ)




”黒木耳”「血」の関する病に効果がある「理血」類に

属し、体内と体表に起こる各種の出血を止める「止血」

食材。





五性 「平」





五味 「甘」





帰経 「胃」「大腸」





薬効は





各種の出血、眼底出血に良い「涼血止血」







■食養生・薬膳の過去記事へ







■私のお気に入り 過去記事へ








■聖快堂のホームページ






漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する

御問い合わせ、御相談は御電話またはメールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。