茗荷で梅雨時期の風邪予防

155979490616788933180.jpg


ここ大阪は昨日






梅雨入り宣言を見送ったものの







近畿以外の多くの地方では梅雨入りが発表され







これからしばらくは高温多湿な日々が続きますね。







「夏は伏陰」






夏は腹中に「陰」ありて消化器の能力が低下






さらに高温多湿な梅雨時期は体内に余分な「湿」「痰」

を溜め「痰湿阻滞」にならないように冷たい物や生ものの

摂り過ぎには気をつけるようここしばらくのブログでも書い

てはいますが・・・




「痰湿阻滞」








それでも蒸し暑い日にはついつい口当たりと喉越しの

良い冷たい麺が食べたくなるのというのが人情








そんな時はやはり、体を温めてくれる温性の葱や大葉

、生姜等の薬味を忘れずに!!







特にせいかいどうが大好きな薬味はこれからが旬の

”茗荷 みょうが”







そろそろいろんな場所で冷房が入る時期だけに体を

温め風邪予防にもなる”茗荷”はありがたい食材






昨夜も冷やしぶっかけうどんにしっかり”茗荷”をのせ

体に良い旬の食材を楽しんだせいかいどうでした。







■ 茗荷




ショウガ科の”茗荷”は葱や紫蘇と同じく発汗により体

の表面に停滞した邪気を取り除く「解表」の食材





五性 「温」





五味 「辛」





帰経 「肺」「大腸」「膀胱」





薬効は 





風寒の風邪に良い「発汗解表」





生理不順、生理痛に良い「散寒通陽」





口内炎や風邪の予防、瘡瘍腫毒に良い「解毒散結」









■食養生・薬膳の過去記事へ





■季節に多い病気の過去記事へ





■よくある相談 過去記事へ







■聖快堂のホームページ






漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する

御問い合わせ、御相談は御電話またはメールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。