ストロベリームーンとゴーヤ

画像






梅雨はどこへ





先週末の雨でも梅雨入り宣言が出なかった大阪





梅雨に入ろうと入るまいとこれからは蒸し暑い毎日が続
きそうですが・・・





昨夜は梅雨入りが遅れているせいもありアメリカの先住民
がその収穫期と重なる事から名付けたという六月満月
ピンクがかって見えるストロベリームーンを愛でての晩酌。




画像






月の右斜め上に光るのは木星だそうです。





晩酌の肴は梅雨から夏にかけ体内の余分な熱を下す薬膳
効果がある”ゴーヤ”





■ 苦瓜 (ゴーヤ等)




”苦瓜”
(ゴーヤ等)は肺熱、胃熱、心火、肝火等の「熱」
良いとされる「清熱瀉火」の食材。




五性 「寒」「微寒」




五味 「苦」 




帰経 「心」「肺」「脾」「胃」「肝」




薬効は




熱病の発熱、熱射病、口渇、口苦、発汗等に良い
「清暑止渇」




毒を消し、腫れ物を収める「解毒消腫」




「肝」の熱を収め目の充血を解消する「清肝明目」





蒸し暑く湿気の多い梅雨時期は体内に余分な「湿」
「熱」が発生し体調不良を引き起こす原因となります。




湿熱の過去記事へ

https://seikaido.at.webry.info/201406/article_4.html





6月も早や折り返しとなり夏の露地物野菜が日毎、美味
しくなる時期です。





「清熱」「利尿」作用のある夏野菜を食卓へ乗せ上手に
摂りましょうね。






■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html




■私のお気に入り 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/169c7f4e2e.html





■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する
御問い合わせ、御相談は御電話またはメールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。