体内時計を整えよう 子午流注のすすめ

IMG_7366xxx.jpg




日々の漢方相談において



患者さんの体質に合う漢方薬を選薬し



併せて食養生に関する指導に力を入れて
いる聖快堂ですが・・・



同時に患者さんの耳にタコが出来るほど
毎回、繰り返し繰り返し御話するのが
体内時計”
を整える事の大切さ。



漢方の古典等を紐解くと「陰陽」学に基
づいた”子午流注”という教えがあります。



難しい事を省き、単純明快に言うならば
「気」昼に流れ夜は休むという万物
における生動原理を意味しています。



これは昼と夜における人体の十二経絡
流れと「気」「血」運行を教えでもあり
ます。




1日を十二支に分け



日が変わる子の刻(23時~1時または
0時~2時)



である「陰」は終わり



「陽」が新たに生まれ



昼間の午の刻(11時~13時または
12時~14時)



「陽」が終わり



「陰」が新たに生まれるという考えで



大宇宙に対し小宇宙たる人体



自然界の一部である人はこの自然の摂理に
合わせる事が心と体の健康を維持する要訣
と考えます。



心身の不調を訴え、はじめて漢方相談にお
見えになる患者さん達に就寝時間を伺いま
すが



ほぼ全員と言っても過言でないほど毎夜の
ように午前0時、子の刻を過ぎてから就寝



それどころか午前1時、午前2時



中には昼からが御仕事とはいえ午前4時に
就寝等と言う強者もいらっしゃいます。(汗)



そんな方に限り、1日7時間以上は寝ている
ので睡眠は足りているはずとおっしゃいます
が・・・



過去記事でも書いていますが睡眠はトータル
時間ではなく



いつ寝るかがとても重要。




とある調査によると国民の7割に睡眠の質に
不満があり、その半数以上に「不眠症」の疑
いがある言われる現代社会。




コンビニに代表される24時間型社会になっ
たのはここ数十年の話です。




人は本来、太古の昔から太陽や月と共に活動
し休息しながら暮らして来たと言う不変の事
実があります。




人の体は朝日を浴びてこそ脳の視床下部にある
”体内時計”の周期(24.5~25時間)が毎日起こ
るといわれる30分~1時間という微妙なズレ
や狂いがリセットされるようプログラムされて
います。



そして、”体内時計”が正常に時を刻む事で体温
血圧成長ホルモン等の分泌が正常に保たれ
、さらには免疫力や自然治癒力も最大限に働く
事で病が寛解したり、若さが保たれるのです。




秋の夜長




「秋分」を過ぎ昼と夜の時間が逆転




これからは「冬至」に向け徐々に夜が長くなっ
てまいりますが




心身の健康老化を防止したいのなら夜更かし
はしないで




”子午流注”の時間前にはベットに入るようにし




朝は早起き朝日をしっかり浴びる




但し、就寝について言えば”子午流注”前にベット
にギリギリ滑り込んでセーフではなく




”子午流注”を前にした就寝の最低でも30分前
からはスマホやPC等を見ない事も大切




そして部屋の照明は消すか間接照明等にしリラク
ゼーション効果のある音楽等を聞きながら自然に
入眠するのが良いでしょう。




ま、患者の皆さん 異口同音に



スマホを見ない、スマホの電源を落とす事が一番
難しいとはおっしゃいますが・・・(苦笑)







■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html

■漢方講座の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/6285152e0e.html

■漢方神経科の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/2701f95afe.html



■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関
する御問い合わせ、御相談は御電話またはメールにて
お願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。