戻りカツオ食べ 秋バテ予防

IMG_5166xxx_1.jpg




今日9月9日は




五節句の「重陽」




東洋医学の基礎を作る陰陽学において奇数は「陽」偶数
は「陰」



「陽」の最大数である「9」が重なる9月9日を「重陽」
と呼び様々な節句の行事が今に伝わるとされます。



※本来の「重陽」は旧暦なので今年は10月7日




そんな「重陽」の日を前に食べたのが




初ガツオに戻りガツオ




年に2回の旬を持つ魚 ”鰹”




別名「下りガツオ」の名を持つ「戻りガツオ」は北の
海で豊富な餌を食べ産卵の為、9~10月頃、南下し
てきたもので脂がよく乗りトロのような味わいになる
と聞きます。


※逆に赤道付近で産卵し、黒潮に乗って五月の「立夏」
の頃、北上してくるのが「初ガツオ」、「上りガツオ」
とも呼ばれます。



せいかいどう的には酒の肴として年に2回も楽しめる
「上り」も「下り」どちらも大好きな一品です。




■ 鰹



江戸時代は勝魚(かつうお)等とも呼ばれ縁起物とさ
れ初もの好きな江戸っ子に初かつおは戻りに比べ天と
地ほど価格差があったと言われる”鰹”



その鰹”「気」「血」「陰」「陽」の不足を補い体質
を増強、病に対する抵抗力を高める「補益」類の食材。




五性 「平」




五味 「甘」




帰経 「腎」「脾」





薬効は




「腎」を補い「精」に益し、元気を出す「補腎益精」




食欲不振やむくみによい「健脾利尿」





夏の間、多くの汗を掻き弱った体力




酷暑についつい冷たいものを飲みすぎ食べ過ぎて
低下した臓腑機能




夏バテを引き摺ったまま




そのまま、秋バテになっているというあなたには




「上り」も「下り」も食薬効果には関係なく




食べる薬




「補益」の魚”鰹”をおすすめします。




但し、”鰹”を肴にキンキンに冷えたビールを飲み過ぎ
ては薬にはなりませんからね(笑)



(追記)

台風が上陸した千葉県をはじめとする関東全域、
台風の進路にあたる地域にお住まいの皆様には
安全に十分気をつけお過ごしくださいませ。




■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■季節に多い病気の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/3de8191f52.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメール
にてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。