治りにくい炎症

151072038638892089179xx.jpg




頭のてっぺんから足の先



体表部から



体の中の内臓、そして骨まで



人の体のいたる部分に起きる炎症



その多くは治療に消炎効果のある御薬が
投与されたり時には抗生剤が一緒に出た
りしますが



中にはなかなか炎症が治まらず長引いた




その時は一旦良くなっても繰り返し炎症
を起こす人がいます。



漢方ではそのような治りにくい炎症や繰
り返し起こる炎症の原因を



炎症を起こしてる体の1つの部位の問題
ではなく五臓「腎」にあると考えます。



分かりやすく言うならば炎症を起こして
いる部位や繰り返し炎症を起こす現象を
で言えば枝葉と考え、にこ
そ問題が隠れていると言う考えです。



手足に出来た傷が化膿しやすい



なかなか傷が治らない



繰り返し繰り返し胃炎になる



なかなか歯肉炎がよくならない



人の体には病を治し傷を癒そうとする
「生体恒常性」、いわゆる自然治癒力
を本来持っていますが、五臓「腎」
が弱っているとその力が充分に発揮さ
れないという考えです。




人の老化や免疫力、そして自然治癒力
と深く関係する五臓「腎」



※漢方でいう「腎」とは西洋医学でいう
腎臓ではなく生殖器、泌尿器、内分泌、
免疫力などを含んだ総称です。




以下に「腎」が弱ると起こりやすい症状
紹介しておきます。



・指先や手足が冷える



・体が冷えて眠れない



・疲れやすい



・元気がでない



・腰の痛み



・足腰の無力感、しびれ、物につまずき
 やすい



・下腹部に力が入らない



・尿の出やキレが悪い



・尿の回数が多い、夜間も何度もトイレに
 行きたくなる



・精力の衰え



・目のかすみ、小さい文字が見えない



・口が渇きやすい



・白髪や抜け毛が目立つ等





以上の項目が複数当てはまる上、炎症
よく起こすというあなた



そんな、あなたは五臓「腎」が弱って
いるかも知れません。



その弱った「腎」を補うのは漢方の得意
分野です。



最近、よく「炎症」を起こす



「炎症」がなかなか治らないとお悩みの
あなたは単に「炎症」を起こしている部
位の治療だけではなく



漢方で弱った「腎」精気を補って見ては
いかがでしょうか。





■漢方講座の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/6285152e0e.html



■よくある相談 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b1b79e308b.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com

漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメール
にてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。