せいかいどう 神農さんへ参る

IMG_6885.jpg




写真は





毎年恒例の”神農祭”へ出掛けた様子





大阪の北浜 薬の街 道修町にある





日本医薬の総鎮守





病気平癒・健康成就の社”少名彦神社”で開催
される例大祭へ先週末出かけて来ました。



596160963xx.jpg



大阪メトロの淀屋橋で下車し、早朝でまだ交
通量も少ない銀杏並木の御堂筋を南へ南下



IMG_6889.jpg



神農祭の目印となる行灯を目印に左に折れて
東の北浜方向へ、薬の街道修町両端に並んだ
露店の中を抜けて進みます。



IMG_6878_1.jpg



そして、お祭りのシンボルでもある黄金の虎
を目印にビルの谷間にある細い参道を抜けて
”少名彦神社”の本殿へ



IMG_6888.jpg



御賽銭を投じて日本の医薬祖神「少彦名」
中国の伝説上の医薬祖神の「神農」にお参り。



IMG_6886.jpg



先日の記事に書いた通り、参拝の際には日頃
聖快堂に通う患者さん達やブログ読者の皆様
の分も別に御賽銭を投じ、無病息災をお祈り
しましたので御利益をお待ちください(笑)




そして最後は厄除けの張子の虎が付いた新し
い笹を頂戴しお参りが終了。



IMG_6912.jpg



師走も近いなにわの街を街ぶらしながらゆるり
ゆるりと帰路についたせいかいどうでした。





※何故、少彦名神社には日本と中国の神を祀る?

古くから薬種問屋が集まり薬の街として発展し
た道修町は大切な人命にかかわる薬種の取り扱
う事から、神の御加護があるようにと日本の医
薬祖神である「少彦名」を祀るのと同時に社が
建った江戸時代の医学は漢方が主であった事と
薬種問屋の取り扱い品目の多くが漢方生薬であ
った為、古代中国の伝説上の三皇五帝の一人で
ある医薬祖神「神農」を併せて祀ったとか。




※何故、張子の虎がお祭りのシンボル?

その由来は文政5年、コレラが大流行した時に
道修町の薬種商が集まり、疫病の薬の中に動物
性生薬の「虎頭骨」を配合した丸薬を作り「張
子の虎」と共に神前で祈願を行いコレラ治療に
用いたのがはじまりだとか。





■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売
に関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメ
ールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。