愛犬の胆嚢粘液嚢腫の診断から3年

IMG_7142.jpg




今年も残すところ十日と少々となりましたが
我家の愛犬達は毎日を楽しく元気に過ごして
います。




特に3年前、わんちゃんドックを受けた愛息
つばさは




「胆嚢粘液嚢腫」の診断がくだり




※胆嚢粘液嚢腫とは胆嚢の胆汁がゼリー状の
粘液となり貯まってしまうもので嘔吐や食欲
不振、下痢等の消化器症状を起こす他、肝炎
や胆道閉鎖、胆嚢破裂等で命の危険を伴うと
いう病気。




早期に開腹手術で「胆嚢」全摘を獣医から
薦めらましたが・・・




すでに10歳を超えている事もあり手術は丁
寧にお断りし




漢方家の愛犬らしく漢方薬等による日々の
方治療
に専念




完全に治ったわけではないものの3年経った
今も胆嚢は悪化する事も無く、日々食欲旺盛
、消化吸収にも問題なく太ぉ~く形の良い快
便生活(笑)




年相応に老いては来ましたが元気に15歳と
なる2020年を迎えられそうです。




日々の漢方相談で患者さんと向き合いつくづ
く思う事ですが




” 病は自身の体からのメッセージ ”




病んでいる患部もその不快な症状もある意味で
患者さん自身の全人格的表現の一部であるとい
う事。




慢性疾患であれば単に患部の臓器を切り取った
り、患部を薬のみで攻めたりするのではなく




長い目で見れば、日々をどう生き、何を食べ、
どういう生活習慣をしているかという事がとて
も大切。




人も犬もまた漢方的生き方による日々の養生
体質改善の大切さをあらためて感じさせられま
すね。




(追記)



クリスマスやお正月を前に寒風吹く中、つばさは
昨日、自転車のカゴに乗ってトリミングに・・・


無題19.12.18b.jpg



ピグモン化しているももは今週末にトリミング予
定です(笑)


無題19.12.18c.jpg




(つばさの気管虚脱や胆嚢粘液嚢腫の過去記事)

https://seikaido.at.webry.info/201612/article_4.html

https://seikaido.at.webry.info/201706/article_1.html

https://seikaido.at.webry.info/201807/article_2.html





■ペットと漢方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/1027eb72c0.html


■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html






■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com




漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関
する御問い合わせ、御相談は御電話またはメールにて
お願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。