立春には何を食べる?

IMG_7528xxxx.jpg




今日4日は




二十四節気 最初の「立春」



新しい春が生まれる日とされ



新しい年のはじまり、1年のはじまりの日と
考えられて来た日でもあります。



七十二候では



日本、中国と共に



「立春」初候



” 東風(はるかぜ)凍を解く ”



※東から吹く風=春風


陰陽五行において五方の「東」は五季の「春」を

あらわす。


「立春」を境に冬の寒風も徐々におさまり、以後は
暖かい春風(東風)が徐々に吹き厚く張った氷も解
け始めるころといわれます




さて、昨日「節分」は「鰯」を食べ、豆を歳の数
食べる



さらには近年、「恵方巻き」の丸かぶり等が定番化
しつつありますが・・・




その翌日、「立春」には何を食べる??





年のはじまりの今夜の献立には何が良いかという
御話です。




その答えはずばり”豆腐”



節分に魔を滅する為、使った「豆」を”豆腐”にして



「立春豆腐」として食べる習わしが古くからあるそうで




白い”豆腐”には邪気を追い祓うほどの霊力が宿る



白い”豆腐”には身の穢れを落とし清める力がある



というのが由来だとか。



せいかいどうはひと足早く



昨夜、身の穢れを落とすべく(笑)



揚げ出汁豆腐で晩酌~♪



「春」とはいえ、桜柄の器はちとフライング
ですね(笑)


IMG_7526xxxx.jpg



ん?



茶色い揚げ出汁豆腐では身の穢れが落ちない?



しっかり、身の穢れを落としたい方は「立春」当日
今夜の献立に白い”湯豆腐”にした方が良いかも知れ
ませんね。(笑)




■ 豆腐



”豆腐”は体内に生じた異常な「熱」を除く「清熱」
の食材



五性 「寒」



五味 「甘」



帰経 「脾」「胃」「大腸」




薬効は



食欲不振、喘息、肺熱の咳に良い「益気和中」



消渇、便秘に良い「生津潤燥」



水腫、麻疹等に良い「清熱解毒」





■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html



■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメールにて
お願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。