今日は魔を滅する節分

601766147xxx.jpg



今日3日は「節分」





春夏秋冬とそれぞれに各18日間ある「土用」





それぞれにあるその「土用」が終わり





二十四節気の「立春」「立夏」「立秋」「立冬」
を迎える前日が節目の日「節分」です。





特に2月3日の「節分」




二十四節気 最後の「大寒」から数えて15日目
にあたる日であり




二十四節気 最初「立春」を先人達は新しい春の
訪れ=年の始まりと考えた為、その前日「節分」
を年4回ある「節分」の中でも特に1年を締めくく
る特別な日とし、邪気を払う豆撒き等、様々な行事
が数多く残されたか。





魔を滅する「魔滅(まめ)」にかけ鬼へ豆を撒く





「豆撒き」の風習





今年はせいかいどうのお気に入り




創業明治17年 京都 夷川の有名豆菓子店
豆政のお豆さん達




撒くと言うより酒のおつまみとしての楽しみ
ですね~(笑)




最後に地域によって節分の豆まきも大豆や落花生
と様々



以下にその2種それぞれの食薬効果を書いておき
ます。




■ 大豆



”大豆”は水液代謝を調整し体内から余分な「水」
を取り除く「祛湿」の食材



五性 「平」



五味 「甘」



帰経 「脾」「胃」「大腸」



薬効は



食欲不振等の消化器の疲れに良い「健脾益胃」



胃を潤し、利尿し、むくみを去る「潤燥利尿」



その他に「養血」、「排膿解毒」作用等




■ 落花生(ピーナッツ)



”落花生”は体内の「血」を養い「血虚」症に良
「補益養血」の食材



五性 「平」



五味 「甘」



帰経 「肺」「脾」




薬効は



貧血、めまい、心悸、不眠、不正出血等に良い
「補血止血」



咳、食欲不振、便秘に良い「補脾潤肺」「和胃醒脾」



※ 落花生が持つ止血作用はピーナッツを覆う赤い
  薄皮   に含まれている他、潤い効果を期待す
  る場合薄皮付が有効

※ 食べ過ぎると消化不良を起こす為「陽虚」「老人」
  「食積痰湿」の人は注意が必要





■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html



■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメール
にてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。