今日は年神様を見送る小正月

IMG_7379xxx.jpg




今日は1月15日




元日を大正月とも言いますが




元日から半月、今日15日は




小正月ですね




そして小正月




五穀豊穣や無病息災




家内安全等を願い各家庭に




元旦の日の出と共にお迎えした年神様を正月
飾り等と共に燃やしどんと焼きのその煙と共
に天上へとお見送りする日でもあると言います。




そんな小正月に食べるものと言うと”小豆”





古くから祭祀の場において邪気を祓うと供えら
れた”小豆”




その”小豆”を使い地方によって様々ですが”あずき粥”
やどんと焼きで焼いた餅をいれた”ぜんざい”を食べ
るのだとか。




ちなみにせいかいどうは”ぜんざい”派かな(笑)




それでは最後に”あずき”が持つ薬膳効果について





■ 赤小豆(あずき)



”赤小豆”は体内の余分な「水」の排泄を助ける
「利水滲湿」類の食材



五性 「平」



五味 「甘」「酸」



帰経は「心」「小腸」




薬効は 



むくみ、胃もたれ、下痢に良い「利尿除湿」



水の代謝に関係する水腫や熱毒による瘡瘍に
良い「解毒排膿」



※ちなみに餅の原料となる”もち米”には胃腸
の消化吸収を高める「補中益気」


胃腸を温め下痢を止める「温中止痢」等の薬
効がある。



年末年始の食べ過ぎ飲みすぎ、暴飲暴食で弱
った消化器やむくんだ体には前記の効果を見
る限り甘味は体に余分な「湿」をためる為、
ぜんざいよりはシンプルに”あずき粥”を食べ
た方が良さそうですね(笑)




■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html






■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com




漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信
販売に関する御問い合わせ、御相談は御電話
またはメールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。