食べる事は生きる事、食べる事も体力

IMG_9659.jpg




”飲食者、人之命脈也”




飲食は、人の命脈なり




16世紀、明時代に薬草学の大著「本草綱目」
を執筆した李時珍の言葉




”食べることは生きること”という教えです。




日々の漢方相談で聖快堂が特に重視するのは
「気」の流れ




現代医学のような細かな検査データげ得られ
なかった時代から続く漢方では人の体内を巡
「気・血・水」を診る事で人の健康状態を
判断して来ましたが




特に「気」「血」「水」の巡りにも影響し




昇ったり、降りたり、出たり、入ったり




常に体内を巡る事で健康が保たれると考えら
れて来ました。




その「気」をさらに分かりやすく例えるならば




食べる=消化吸収する=排泄する




という一連の生命維持活動とも考える事が出
来ます。




毎食、食欲旺盛でしっかり食べる事が出来る




食べたものがしっかり消化吸収され血や肉と
なる。




そして便秘や軟便ではなく毎日気持ちよく
バナナ便を排泄する。




この一連の消化活動の流れがスムーズでこそ
健康が保たれ、またこの一連の活動が正常で
あってこそ人が持つ生体恒常性、いわゆる自
然治癒力が最大に働き病を治す事が可能です。




よくTVの健康番組等で高齢者も元気になる為
にはもっと肉などの動物性たんぱく質を積極
的に摂るべきだという意見が出ますが・・・




肉食もそれを楽しめるだけ消化活動が元気で
あるからこそ可能なわけで「気」の流れが弱
「気虚」の人にそれを求めても無理があり
ます。




積極的な肉食もまずは消化器が元気であり体
力があってこそ可能だと言う事ですね。




最後に前述したように聖快堂が重視するのは
まずは「気」を補い、消化器の働きを健康に
する事で漢方薬の効果が十分に発揮されよう
いつも心掛けます。




過去に漢方を試してはみたものの一時的に効
果はあったが良くなったり悪くなったりのく
りかえしで服用をやめてしまったというあなた。




そんなあなたは西洋医学のように体をパーツご
とに診る西洋医学的な発想や単に診断名でそれ
に合う漢方処方選び服用したのではありませんか?




その辛い症状を治す為には木を見て森を見る




生命維持活動に最も大切な「気」の流れ




食べる=消化吸収する=排泄する




その当たり前の事を整える事からはじめてみる
のが良いかも知れませんね。





■漢方講座の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/6285152e0e.html


■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメールにて
お願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。