めまいの春 雨水の次候

7178xxx.jpg





連休最終日の昨日24日は






二十四節気「雨水」次候






本朝七十二候では






「雨水」次候






” 霞(かすみ)始めてたなびく ”






霞がたなびき 春への期待がふくらむ頃とし






中国の七十二候では






「雨水」次候






” 鴻雁(こうがん)来る ”






8月節「白露」の初候に飛来し、冬の間を湖や沼

で賑やかに過ごした雁が春を迎え北の棲みかへと

帰っていく頃とされます。






さて、早や2月も残すところ数日





今年は閏年で29日まであるとはいえ





新型コロナウイルス騒ぎもあってか気忙しく

もあっという間に2月が過ぎてしまったとい

う感じです。





新型コロナウイルスによる感染症や本格的な

花粉症シーズン入りも気になるところですが

毎年、三寒四温と気温の寒暖差が大きくなる

これからの時期から増えて来るのが





医療機関を受診し様々な検査はしたものの異状

は見つからなかったと言う





”めまい”に関する御相談





漢方相談の場ではしっかりと時間をかけ問診、

舌診を行い患者さん個々人の体質や症状を正

しく”弁証論治”



”弁証論治”とは







さらには日々の生活習慣、食習慣等を詳しく

お聞き取りする事で辛い”めまい”の原因を






「気」「血」の不足





体内を巡る「水」の滞り、余分な水分が作る

「痰」による「気」「血」の運行の妨げ





ストレス等が関連し五臓の「肝」「気」

停滞し「腎」「陰液」不足を起こし、熱を

抑えられない状態での「気」の上昇等と漢方

的な視点から特定する事で”めまい”の原因の

解消に効果のある漢方と生活習慣や食養生の

指導を行わせていただいています。





毎年、長い冬が終わり木の芽や虫達が動き出

す「木の芽時」になると頭がふわふわする、

くらくら”めまい”に悩まされると言うあなた。





今年は”春のめまい”の原因を見究め体質改善に

取組んでみてはいかがでしょうか?





■季節に多い病気の過去記事へ





■よくある相談 過去記事へ








■聖快堂のホームページ







漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売

に関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメ

ールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。