老いていく感情

IMG_7992xxxx.jpg




高齢化社会を迎え




近年、攻撃的な言動や傍若無人な振る舞い等




「感情をコントロール出来ない」事に起因する
高齢者の事件や事故等に関する報道をよく目に
しますが




漢方では古くから人の体の「五臓」と人の感
情の「五志」を結び付け考えて来ました。




「五臓」「肝」「五志」「怒」




「五臓」「心」「五志」「喜」




「五臓」「脾」「五志」「思」




「五臓」「肺」「五志」「憂」




「五臓」「腎」「五志」「恐」




という具合に心と感情、体と臓器はそれぞれに
切り離せないという考えであり


加齢や疾病等によりそれぞれの臓腑機能が低下
するとそれぞれの感情もまたコントロールが難
しくなるという考えです。




ちなみに漢方では


男性の8年周期、女性は7年周期で加齢と共に
体が変化し老いて行くと言う考えもあり



8年周期、7年周期の話はこちらへ


http://seikaido.at.webry.info/200704/article_4.html




現代科学においては40歳を境に脳の前頭葉の
老化が進む事で意欲や創造力の低下の他、感情
のコントロールに問題が起きやすいとされてい
ます。



漢方でも前記の8年周期と7年周期を当てはめれ
ば男性は40歳、女性は42歳あたりから個人差
は当然あるものの感情の老化が始まるという事に
なりますね。




齢40を超えたあたりから




意欲の衰えが顕著




様々な出来事に無関心、無感動になった




逆に些細な事に神経質になったり怒りっぽく
なった等





日常生活の中で感情のコントロールが上手く
行ってない様に感じる




または周りの人からそれを度々指摘されたと
いうあなた



そんなあなたには臓腑機能を補い元気にする
事で老いた感情のコントロール機能を回復し
心身の調和を図る事を得意とする漢方治療が
おすすめですよ。




※老化と腎の関係


http://seikaido.at.webry.info/201509/article_2.html




■漢方神経科の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/2701f95afe.html


■漢方講座の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/6285152e0e.html


■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html





■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売
に関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメ
ールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。