「蕃秀」の夏に茗荷を食べる

IMG_8548_1.jpg



漢方の古典において



陰暦の4~6月を目安とする「夏」は春に生
まれた万物が「陰」「陽」盛んに交合成長し
繁栄華美となる「蕃秀」は外へ積極的に出掛
ける事が大切と教えます。



※蕃秀=陽気が溢れ草花が一面に生い繁り花
咲く様




但し、STAY HOME



不要不急の外出を自粛する新型コロナ禍のこの
「夏」は今のところそれもままならないですね。




「蕃秀」「夏」




「夏」養生の心掛けとしては「外出」の他に
以下の事を奨めています。




” むやみに怒らない事


  気持ちを常に愉快に開放的に保つ事 


  早起きを心掛ける事 ”





在宅によるテレワークやちょっとした外出も
ままならず閉塞感に満ちた日々ですが心だけ
は常に明るく前向きに!また、生活も不規則
になりがちなだけにせめて早寝、早起きで体
内の「陰」「陽」交合を助ける事が大切です。


※子午流注 いつ寝るかが大切の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/200904/article_9.html



また日々気をつけるべき「夏」養生としては


“ 夏は食事を控えめにし、生冷を求めない

 
  夏は肌膚、大いに開く故、外邪に注意


  涼風に久しくあたらない


 沐浴の後、風にあたらない


  夏は陰気かくれて腹中にある故、食物の消化
 がおそく多食しない


 温なる物を食べ脾胃をあたためる


 冷水を飲まない


 生冷の物を忌む


 冷水に浴すべからず  ”




と教えます。




日中の最高気温が25度を越える「夏日」も
増え始める5月



テレワークや休校で在宅の昼食には手軽に作
れる冷たい麺類を食べる機会もそろそろ増え
て来る事でしょう。



しかし、新型コロナへの感染予防が気になる
昨今、消化器をはじめとする臓腑機能に余計
な負担をかけ免疫力を低下させない為にも冷
たい麺を食べる時はお腹を温める微温や温性
の葱や大葉等の薬味を忘れずに添えるように
しましょうね。




最後に写真はせいかいどうが大好きな薬味の
1つ”茗荷 みょうが”



まだ走りで旬には少々早いものの梅雨頃から
盛夏にかけてが旬でショウガ科の”茗荷”には
発汗により体の表面に停滞した邪気を取り除
「解表」作用があり風邪の予防に良い食べ
物です。



新型コロナウイルスという邪気も見事に祓いの
けてくれると良いのですがね(笑)




■ 茗荷



五性 「温」



五味 「辛」



帰経 「肺」「大腸」「膀胱」




薬効は 



風寒の風邪に良い「発汗解表」



生理不順、生理痛に良い「散寒通陽」



口内炎や風邪の予防、瘡瘍腫毒に良い
「解毒散結」




※ エビデンスを伴わない
「新型コロナウイルス」
便乗商法には気をつけましょう。




(お知らせ)

zoom(ズーム)によるビデオ漢方相談

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言に伴い
パソコンやスマホで使えるアプリ「zoom」に
よるビデオ漢方相談を試験的に始めました。

御希望の方はメール又は御電話で詳細を御問い
合わせくださいませ。





■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html


■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■季節に多い病気の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/3de8191f52.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメール
にてお願いします。



大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。