梅雨の肌トラブル 芒種の末候

IMG_9183xxxx.jpg




今日16日は





二十四節気 「芒種」末候





本朝七十二候では





「芒種」末候





” 梅の子黄ばむ ”





梅の実が熟して黄ばむ時節であるとされ





中国の七十二候では





「芒種」末候





” 反舌(はんぜつ)声無し ”




反舌=もず 




「夏至」が近づき百舌が鳴かなくなる頃とさ
れています。




さて、梅雨入りからほぼ1週間ですが高温多湿
なこの時期になると漢方相談の場で患者さんか
らちょっとした肌トラブルに関するお声をよく
聞くようになります。



手足によく見ないと気付かないような小さな小
さな水泡ができ痒い



ちょっとした摩擦等で肌がかぶれる



虫刺され? それとも何かのアレルギー?

原因を特定しづらい湿疹や皮膚のトラブル
でちょっと掻いただけなのに患部がジュク
ジュクして化膿してしまう等



御相談の内容は様々なのですが



その患者さん達に共通するのは舌診では
「湿熱」が疑われる舌象



そして問診を通し食習慣を聞いて行くと
「湿熱」の疑いは確信へと変わる事がほ
とんどです。




高温多湿な日本の梅雨




湿度が高くなると人の体の消化機能も低下
する為、体内に余分な「水」「湿」が滞
りやすく、それらが「熱」を持ち「湿熱」
となると体が重怠い、口が苦い、おりもの
が増える等、全身に様々な不調を引き起こ
す他


体表部に滞った余分な「水」「湿」は肌
トラブルの原因となります。


夏は伏陰の話へ

https://seikaido.at.webry.info/202006/article_9.html


湿熱の話へ

https://seikaido.at.webry.info/201406/article_4.html



よく考えてみると



毎年、梅雨時期に肌のトラブルが多いと
言うあなた



そして患部がすぐに化膿しやすいという
あなた



そんなあなたは



体内に余分な「水」「湿」が滞り「熱」
をもった「湿熱」かも知れません。



安易に塗り薬や痒み止めで済ませるのでは
なく



四六時中 エアコンの中で過していないか



甘いスイーツを摂り過ぎていないか



お風呂をシャワーで簡単にすませていない
か等



日々の生活習慣、食習慣等を含め今一度、
見なおして見る事をおすすめします。





※ エビデンスを伴わない
「新型コロナウイルス」
便乗商法には気をつけましょう。




(お知らせ)

Zoom(ズーム)によるビデオ漢方相談

新型コロナウイルス感染予防対策として
パソコンやスマホで使えるアプリ「Zoom」
によるビデオ漢方相談を試験的に始めまし
た。

御希望の方はメール又は御電話で詳細を御
問い合わせくださいませ。






■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html


■季節に多い病気の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/3de8191f52.html


■漢方アレルギー科の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/f6525894d4.html


■よくある相談 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b1b79e308b.html


■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信
販売に関する御問い合わせ、御相談は御電話
またはメールにてお願いします。

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。