腹中の陰

IMG_9148xxxx.jpg




国立天文台によると




大阪の今日12日の日の出は4時44分




21日の二十四節気「夏至」までの




この期間が1年を通し最も日の出が早く
日照時間が長くなる期間ですが




東洋医学の基礎を形作る陰陽論においても
自然界における「陽」の気運もまた今がほ
ぼ頂点


「陽」の気は「夏至」において繁盛の「極」
に達すると考えられており「夏至」を境に
「陽」の気は「冬至」に向かい衰えて行く
と考えられています。



※一陽来復という考えにおいて「冬至」に
生まれた太陽がまさにその頂点となったわ
けです。



常に自然界は時計の振り子のように一方に
傾く事無く運動するというのが「陰陽」
考えである為、「陽」の気が弱れば勢いづ
いて来るのが「陰」



そこで先人達は「夏は伏陰」という教えを
残し伝えて来ました。



「伏陰」は人体においては「陰」の気が腹
中に隠れるという考えであり



暑い外気に騙されて、ついつい喉越しの良
い冷水や生冷の物を摂り過ぎるとより腹中
「陰」がより旺盛となり心身に悪影響を
与えるという教えです。




江戸の儒学者 貝原益軒は著書「養生訓」
の中で”夏の養生”を以下のように説きます



“  夏は食事を控えめにし、生冷を求めない

 
  夏は肌膚、大いに開く故、外邪に注意


  涼風に久しくあたらない


  沐浴の後、風にあたらない


  夏は陰気かくれて腹中にある故、
  食物の消化がおそく多食しない


  温なる物を食べ脾胃をあたためる


  冷水を飲まない


  生冷の物を忌む


  冷水に浴すべからず  ”





高温多湿な日本の梅雨、そして夏




近年は温暖化等の影響も加わり




人の体温並みの最高気温を記録する事も
ザラ




しかし、大宇宙に対し小宇宙が人の体




自然界の一部である人の体




私達が普段、カレンダーなどによって感じる
季節感よりも一足早く




ちょうど今時分を境に秋冬へ向って体を切り
替えつつあるのです。




暑いからと毎日毎日、冷たい飲み物や生食で
きるお刺身や冷奴等ばかりを食べ「脾・胃」
酷使していると



秋風が吹く頃に喘息や寒暖差アレルギー等の
疾患を発病したり、そして冬になると冬の間
に何度も風邪を引くような免疫力の低下等を
招く原因となったりします。



さらには職場や家庭でエアコンが普及してい
る現代は



「伏陰」のお腹をより冷やさない為にも冷た
いドリンクや生ものを摂った後は必ず温かい
味噌汁やドリンクを一杯飲んでおく等



そうした日々の体への労り、その積み重ねが
梅雨バテ、夏バテ予防



そして秋冬への健康貯金になる事を忘れない
ようにしましょう。






※ エビデンスを伴わない
「新型コロナウイルス」
便乗商法には気をつけましょう。





(お知らせ)

Zoom(ズーム)によるビデオ漢方相談

新型コロナウイルス感染予防対策として
パソコンやスマホで使えるアプリ「Zoom」
によるビデオ漢方相談を試験的に始めました。

御希望の方はメール又は御電話で詳細を御問い
合わせくださいませ。






■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html


■漢方講座の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/6285152e0e.html


■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■季節に多い病気の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/3de8191f52.html





■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信
販売に関する御問い合わせ、御相談は御電話
またはメールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。