昨日は立秋の末候

IMG_6807xxx.jpg




昨日17日は




「立秋」末候




本朝七十二候では




「立秋」
末候




” 蒙(ふか)き霧(きり)升降(まとう) ”




もうもうとした濃い霧がまとわりつくよう
に立ち込める頃とし




中国の七十二候では




「立秋」末候




” 寒蝉(ひぐらし)鳴く ”




ひぐらしが鳴き始める頃(秋に鳴く蝉を
さす場合も)としています。



さて、今日から夏季休業明けのせいかい
どうですが・・・


連休は新型コロナ感染症の再拡大という
心配もあり自宅でゆっくりと過ごす毎日
でした。


愛犬との早朝散歩を終え、軽く朝食を摂
った後の午前の日課は自宅近くの淀川河
川敷へと出掛け15~20キロのウォー
キングやジョギング


ほぼ24時間冷房が欠かせない大阪の暑
さと湿度の中で暮らすだけにせめて午前
中は冷房漬けの体を2時間弱の運動でた
っぷりの汗を掻き自律神経の調整に努め
ました。


そして運動の後はお風呂に浸かり、その
後は失われた体液を補う為にお楽しみの
黄色い液体を(笑)


もちろん、黄色い液体は利尿作用を促し
体液の補充とはならない事も承知してい
る為



運動の後に重宝したのが秋の味覚”梨”



その90%が水分で失われた体液を補う
のに優れ、さらには疲労回復や夏バテに
良いアスパラギン酸やサポニンを含む”梨”
はまさにスポーツの後に食べておきたい
旬の果実でもあります。



■ 梨


”梨”は失われた体液を補い体に潤いを与え
てあげる「生津」の食材であるとともに呼
吸機能を調整し、咳、多痰、喘息に効く
「止咳平喘」の果実



体液=「津液」の詳しい話はこちらへ

http://seikaido.at.webry.info/200510/article_17.html




五性 「涼」「寒」




五味 「甘」「微酸」




帰経 「肺」「胃」





薬効は




体の渇きを止めて潤いを与える「生津潤燥」




体内の熱を去り、痰を開く
「清熱化痰」等



※加熱した「梨」には「滋陰」効果もあり
古くから喘息の薬としてもよく用いられて
います。


但し、”梨”はお腹を冷やす性質があるので
胃腸の弱い人は食べ過ぎには注意






※ エビデンスを伴わない
「新型コロナウイルス」
便乗商法には気をつけましょう。





(お知らせ)

zoom(ズーム)によるビデオ漢方相談

新型コロナウイルス感染予防対策として
パソコンやスマホで使えるアプリ「zoom」
によるビデオ漢方相談を試験的に始めました。

御希望の方はメール又は御電話で詳細を御問
い合わせくださいませ。









■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html






■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信
販売に関する御問い合わせ、御相談は御電話
またはメールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。