若竹稲荷に食い入る四つの目

桜の満開も近い春の夜の酒の肴と言えば 旬のやわらかな新たけのこと新わかめを 煮た”若竹煮” せいかいどうの大好物の一品ですが その”若竹煮”を細かく刻んで寿司飯の具 にした春らしい”若竹稲荷”を先日愛犬達 の食い入るような視線を感じながらも心 を鬼にしてお…
コメント:0

続きを読むread more

レザークラフトWS開催しました。

新型コロナウイルス感染症の終息の見通し が立たない中での緊急事態宣言の解除 これ以上の社会経済活動の停滞も許されな い状況になってきているだけに コロナを正しく恐れ感染予防に気を使いな がら、自らは免疫力を落とさない生活を送 り自分の身は自分で守る。 これからが本当のコロナとの共存、…
コメント:0

続きを読むread more

つくし誰の子

写真は先週末 春の陽気に誘われ自宅から近い淀川河川敷 をウォーキングした際に見つけた「つくし」 古くから春は「発陳」 発生し並び立つ姿を表す言葉だそうですが まさに冬の間を地中で過ごした植物や虫達 が地上にその姿を現す頃 地上にその姿を現し並び…
コメント:0

続きを読むread more

どれくらいで治りますか?

日々の漢方相談で患者さんからよくいただく 質問に 「漢方をどれくらい続ければ治りますか?」 「私と同じ症状でよくなった人はいますか?」 があるのですが・・・ 正直なところ、風邪等でもない限り 過去の臨床経験による目安はあるものの時に 答えに窮する事があります。 …
コメント:0

続きを読むread more

啓蟄

今日5日は 二十四節気の「啓蟄」 春の訪れに 木々は菰をはずし 寒い冬を土中の穴でじっと越した虫達も 春の訪れに閉じていた土の扉を啓き地上 へと這い出てくる頃。 本朝七十二候では 「啓蟄」の初候を ” 蟄虫(すごもりむし…
コメント:0

続きを読むread more

春寒には陽起草

今年も早や3月となりましたね。 前月は例年以上に暖かい2月だったそう ですが・・・ その分余計に寒の戻りが厳しく感じられ る2月でもありました。 三寒四温を繰り返しながら暖かくなるの がこの時期の特徴とはいえ余寒や春寒に 震える日は寒暖差の大きい日は自律神経 を乱さない為にも体…
コメント:0

続きを読むread more

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。