抜け毛の相談と処暑の末候

画像






明日 9月2日は





二十四節気 「処暑」末候





七十二候では





「処暑」末候





日本、中国共に





“ 禾(こくもの)乃(すなわ)ち登(みの)る ”




※ 禾=稲や古くは粟をさしたといわれる




秋の訪れと共に穀物が豊かに実り始める頃とします






さて、そんな収穫の秋 実りの時期に増えて来るのが・・・





”抜け毛”の漢方相談





夏は紫外線などの影響でが傷みやすいものではあります






漢方では




髪が艶を失ったり




髪が細くなったり




髪が切れたり




髪が抜けたりする原因






「血」であると考えます。





漢方には古くから





” 髪者血之餘 ”





という教えがあり、”髪”は人の体を滋養した後に余った「血」
によって作られるものと考えて来ました。





栄養が足り、体に充分な「血」が蓄えられていれば自然、”髪”
は健康で艶やかかであり





逆に栄養が足りず、体内の「血」が不足すると”髪”艶を失い
、抜け毛、切れ毛、白髪
になりやすいとの考えです。





近年はダイエットブーム等の影響もあり





偏食気味の方が多いせいか





”髪”の悩みは少なくありません。





人の髪も結局のところは作物と同じで





春や夏にしっかりと手をかけず





栄養を与えておかないと実りは期待できないと言う事
なのですね。





秋の訪れと共に”抜け毛”に悩むあなた





今さら、春や夏の不摂生を悔いても仕方ありません。





「補陰」「補血」作用のある漢方で





弱った”髪”を早目にしっかりメンテナンス





おすすめします。







■漢方婦人科 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/9dc43fe750.html


■よくある相談 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b1b79e308b.html


■季節に多い病気の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/3de8191f52.html


■漢方と美容 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/f67f5d0537.html








漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問い合わせ
、御相談は御電話またはメールにてお願いします。

"抜け毛の相談と処暑の末候" へのコメントを書く

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。
漢方薬の事なら大阪梅田から11分 大阪京橋から5分 新大阪から13分の聖快堂へ
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。