芹と豚のコチュジャン和えを楽しむ♪

IMG_7549xxxx.jpg




写真は休日だった昨夜の晩酌の肴




冬から春へと季節が変わる今がちょうど旬の
野菜”芹せり”



春の七草のひとつにも数えられる為、七草粥
の時期が出荷のピークと聞きますが、七草粥
は本来、旧暦での行事



今日は旧暦の1月19日となる為、本来は今
時分が”芹”も育ち美味しくいただける頃です。




その”芹”を昨晩は茹でて細切りにした豚もも肉
とピリ辛のコチュジャンソースで和えものに。




シャキシャキした歯応えと”芹”特有の強い春の
香りを楽しみながら焼酎のお湯割りでの晩酌、
至福の時です♪





■ 芹



”芹”は体内に生じた異常な熱を取り除く「清熱」
類の食材




五性 「平~涼」




五味 「甘」「辛」




帰経 「肝」「腎」





薬効は




体内の余分な熱や湿の解消に良い「清熱利湿」




利尿を促す「利尿」




その他に季節野菜の”芹”には神経のイライラを鎮め、
食欲増進、発汗作用、血圧低下等に有効とされる他、
近年の研究では癌を予防する物質も含まれるという。




■ 豚肉




”豚肉”は体内の「陰液」を補い滋養する「滋陰」
の食材




五性 「平~微寒」




五味 「甘」「鹹 しおからい」




帰経 「脾」「胃」「腎」





薬効は




肌や体に潤いを与え、空咳、乳汁不足を助け、
病の回復を促す「滋陰潤燥」






■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html


■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html



■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメール
にてお願いします。

"芹と豚のコチュジャン和えを楽しむ♪" へのコメントを書く

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。
漢方薬の事なら大阪梅田から11分 大阪京橋から5分 新大阪から13分の聖快堂へ
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分
お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。