テーマ:季節に多い病気

昨日は立秋の末候

連休最終日だった 昨日18日は 「立秋」の末候 本朝七十二候では 「立秋」の末候を ” 蒙(ふか)き霧(きり)升降(まとう) ” もうもうとした濃い霧がまとわりつくように 立ち込める頃とし …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛暑日と冷房と自律神経の乱れ

一昨日、7月31日に 東北地方が梅雨明けし これで全国がすべて梅雨明け 梅雨明け十日は 本来、暑いものという認識はありましたが 今年の七月は例年に比べると低温傾向だった為か ここへきて 全国の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏季休業と臨時営業について

愛犬達との早朝散歩 空を見上げると雲、雲、雲 夏の朝曇りの日はカンカン照りになると聞きますが 散歩の帰り道では空を覆った雲が散り始め 青い夏空が 8月スタートの今日も暑い1日となりそうですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大暑の次候

週末の明後日28日は 二十四節気「大暑」の次候 七十二候では 日本、中国共に 「大暑」の次候を ” 土潤うてむし暑し ” 土までじっとりとして蒸し暑い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大暑

今日23日は 二十四節気の「大暑」 暦の上では今日から来月7日の「立秋」迄が 一年で一番暑いとされる時期です。 本朝七十二候では 「大暑」の初候を ” 桐始めて花を結ぶ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨バテ予防に南瓜のスープ 小暑の末候

今日18日は 二十四節気 「小暑」の末候 日本、中国共に 七十二候では 「小暑」の末候を ” 鷹乃(すなわ)ち学(わざ)を習う ” 今年生まれた鷹の幼鳥が親から飛ぶ事を学び終え 、夏の空に舞い上がる時候とか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パタゴニア バギーズ

今年の梅雨は比較的過ごしやすく冷夏が心配もされ たりしていますが やがてこの梅雨があければ本格的な夏の到来 朝、起きられない 頭が重い 四肢に力が入らない 全身がだるい 日中、眠気が強い 夜、熟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7日は小暑 明日6日は営業時間を変更します。

九州をはじめとする豪雨禍に遭われた地域の皆様に心からのお見舞いを申し上げると共に1日も早く元の平穏な暮らしが戻る事をお祈り申し上げます。 さて、まずは聖快堂からのお知らせです。 明日6日(土)は都合により下記の通り営業時間を変更いたします。 7月6日(土)9時~11時30分迄 御迷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茗荷で梅雨時期の風邪予防

ここ大阪は昨日 梅雨入り宣言を見送ったものの 近畿以外の多くの地方では梅雨入りが発表され これからしばらくは高温多湿な日々が続きますね。 「夏は伏陰」 夏は腹中に「陰」ありて消化器の能力が低下 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芒種 旬の食材と日光浴び六月病予防

今日6日は 二十四節気 「芒種」 古くから田植えに良い時期といわれます。 ※  「芒種」は稲や麦等の芒(のぎ)がある穀物    芒=イネ科植物で花の外側の穎(えい)の先端に    ある針状の突起 七十二候では …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月は生冷を避け腹八分

平成から令和へ 改元で始まった5月も終わり 月が替わって6月になると 咽頭結膜熱や手足口病、溶連菌の感染症等が増えて来 ますが、日々の生活で気をつけないといけないのが冬場 の流行時期ほどではないものの”感染性胃腸炎” …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も玉蜀黍 始めました。 小満の末候

明日、6月1日は 二十四節気 「小満」の末候 本朝七十二候では 「小満」の末候を ” 麦秋(むぎのとき)至る ” 熟した麦が畑一面を黄金色に染める時候とし 中国の七十二候では …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日は立夏の次候

週末の明日11日は 二十四節気 「立夏」の次候 日本、中国共に 七十二候では 「立夏」の次候を ” 蚯蚓(みみず)出(いず)る ” 「立夏」となり夏の気が地上に立ち始め地中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休最終日の6日は立夏

読者の皆様、おはようございます。 長い連休?はたまた毎日がお仕事? 気温の寒暖差が非常に多きい今年のGW 御体調を崩す事無く元気にお過ごしでしょうか? せいかいどうは2日休んで1日働きまた2日休み 昨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和の幕明け 穀雨の末候

行く時代 来る時代 いよいよ令和の幕明けですね 令和の夜明け 昇る朝日を見たかったのですが・・・ ここ大阪は雨雲が残る朝となり残念~(笑) 今年の5月は改元での始まりとなりましたが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これって・・・フライングの初かつお?

写真は”鰹 かつお”の握り 先日、昼食で寄った回る寿司屋さんで食べた一皿 なのですが・・・ 出来上がった”鰹”の皿が並んでやってくる先頭に 「初かつお」の札が・・・ 元旦の朝のコンビニには早くも節分の恵方巻き 受付中!ののぼり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉皮膚炎の御相談が増えています。

例年、この時期は スギ、ヒノキ等の花粉によるアレルギー性鼻炎の 漢方相談が増える時期ではありますが 今年は花粉がここ数年来の大量飛散量という事も あってか 目や鼻の症状に加え まぶたや頬等の顔全体や首などの露出する部分が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春眠と睡眠の悩み

”  春眠不覚暁   処々聞啼鳥   夜来風雨声   花落知多少 ” 「春眠暁を覚えず」の一節で有名な孟浩然の漢詩「春暁」 春の夜は気候も心地よく、夜明けさえ気づかず 今は鳥のさえずりが聞こえ、昨晩は嵐が吹く音がしたが 風雨で花は散ったであろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨水の次候

明後日24日は 二十四節気 「雨水」の次候 本朝七十二候では 「雨水」の次候を ” 霞(かすみ)始めてたなびく ” 霞がたなびき 春への期待がふくらむ頃とし 中国の七十二候では …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたの”花粉症”は「寒」「熱」のどっち?

この冬は比較的暖かい 暖冬というのが気象予報士さんの決まり文句でしたが 先週末から今週のはじめにかけては全国的に寒気が 強まり、各地で雪が降ったりとそれ以前が暖かかった だけに余計に寒く感じましたね。 そんな、寒さも今週まで? 来週からは一気に春へと季節がす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七十二候も最後の大寒の末候

1月も早や 明日が もう月末という 今日30日は 「大寒」の末候 二十四節気の最後の「大寒」 そして七十二候も最後となりました。 本朝七十二候では 「大寒」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「理気」の柑橘を楽しみ インフルエンザ予防

一年を通し もっと寒い時期といわれる「大寒」 漢方でいう「気・血・水」 その「気」もまた1年を通し、最も滞りやすく塞ぎがちな 時期であるとも言えますね。 過去記事で何度も書いていますが ここで言う「気」とは? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は小正月 小寒の末候

今日は小正月ですね~ 都会で暮らしていると 特に何も普段と変わらない連休明けの1日となりそうですが 地方によってはきっといろんな行事がある事でしょう この小正月 年神様を迎える年明けを大正月と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスプレで干支の撮影会

写真は動物虐待?? お正月に使う 干支の被り物を被せた撮影会 真っ只中の 我家の愛犬達です。(笑) さて、今年も残すところ1か月と少し 本格的な冬の訪れと共に漢方相談にお見えになる患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖快堂の冬支度と体の冬支度

今年の冬も聖快堂の房内に 愛用のアラジン・ブルーフレームヒーターが登場 1930年代に米国の石油ランプ会社 アラジン社が頑固 な英国職人の腕と気質を見込んで英国アラジン社を設立 し世に送り出したのが青炎式バーナーを使った石油ストー ブの”アラジン・ブルーフレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霜降の次候

明後日28日は 二十四節気 「霜降」の次候 本朝七十二候では 「霜降」の次候を ” 霎(こさめ)時(ときどき)施(ふ)る ” 秋も終わりが近くなり 小雨がしとしとと侘しく降る頃とされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。