テーマ:漢方講座

唇の乾燥を考える 13日、14日は連休

今日出来る事は 今日中にすませなさい! 幼い日からそういう教育は受けては来 ましたが 日々の漢方相談で患者さんに接する内 心と体の健康を考えれば 明日でも出来る事は明日へ 残業はせず 早々と早じまい その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”口臭”と舌診

日々の漢方相談では 患者さんの舌の状態を拝見させていただく のですが・・・ 時折、”口臭”を気にされ大きく口を開けら れない、舌をしっかり出せないと言う方が いらっしゃいます。 そういう患者さんの多くは聖快堂が顔を背 けたくなるような深刻なものでない場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

固ゆでのブロッコリー噛めますか?

その昔 芸能人は歯が命という TVコマーシャルがありましたが お肉は柔らかい物よりも噛み応えのある 方が好き 魚も極力、骨までバリバリ 同じく野菜も牛蒡や蓮根等歯応えがある ものが好きなせいかいどう 冬が旬ではありますが通年を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体内時計を整えよう 子午流注のすすめ

日々の漢方相談において 患者さんの体質に合う漢方薬を選薬し 併せて食養生に関する指導に力を入れて いる聖快堂ですが・・・ 同時に患者さんの耳にタコが出来るほど 毎回、繰り返し繰り返し御話するのが” 体内時計”を整える事の大切さ。 漢方の古典等を紐解くと「陰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機能性胃腸症 の意外な原因?

二十四節気の「立秋」も末候となり 「処暑」も近い大阪の空には 秋に見られる高積雲が増えて来ました。 日中はまだまだ暑いものの 季節は確実に進んでいるようですね。 さて、タイトルの話 聖快堂の日々の漢方相談でよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土用は鰻も良いけど「脾」の養生を

梅雨明け宣言が出た大阪 いよいよ本格的な夏の到来 今週末は土用の丑の日と言う事もあり 夏を乗り切る為に奮発して鰻を!!! と言う方も多いはず。 しかし、暦の上ではもうすでに夏が壊れ新しい秋が 生まれる期間である”土用”に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G20開催に伴う商品の発送について

写真は一昨日 22日 二十四節気の「夏至」の日の朝 愛犬達との散歩の途中で撮った日の出 1年を通し 最も「陽」の「気」が高まった太陽 せいかいどうと愛犬達と「3人」で太陽が昇る姿を眺めて いると「陽」の気運が体内に吸い込まれるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日は夏至

週末の 明日22日は 1年で最も日照時間が長い頃といわれる 二十四節気の「夏至」 本朝七十二候では 「夏至」の初候を ” 乃東(だいとう)枯(かる)る ” …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝気不和とアキレス腱断裂

先日、2カ月に1度のペースで漢方相談に通ってくださる 男性患者さんから運動中に”アキレス腱”を断裂してしまい 手術を受けたというお話を伺いました。 踵骨腱(しょうこつけん)とも言う”アキレス腱” ”アキレス腱”はふくらはぎの筋肉と踵の骨をつなぐ腱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芒種 旬の食材と日光浴び六月病予防

今日6日は 二十四節気 「芒種」 古くから田植えに良い時期といわれます。 ※  「芒種」は稲や麦等の芒(のぎ)がある穀物    芒=イネ科植物で花の外側の穎(えい)の先端に    ある針状の突起 七十二候では …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑熱順化と夏の養生

暦の上ではもう「夏」ですね。 今年の「立夏」は大型連休の最終日 5月6日 連休が明けた途端、先週は季節外れの冬日を記録する 地域が出たりと低温傾向の日が続きましたが・・・ 週末から気温が急上昇し 真夏日に近い高温を記録する 地域もあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

17日はちょうど昼夜が半分 啓蟄の末候

週末の明日16日は 二十四節気 「啓蟄」の末候 本朝七十二候では 「啓蟄」の末候を ” 菜虫(なむし)蝶(ちょう)と化(な)る ” 春の訪れに成長した菜虫(青虫)が羽化して紋白蝶 となる時節とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10日、11日は連休 立春の次候

明日9日は 二十四節気 「立春」の次候 本朝七十二候では 「立春」の次候を ” 黄鶯睍睆(うぐいすなく) ” 寒さがまだ厳しい中でも鶯はいち早く春を感じ山里で 美しい鳴き声をあげ始める時節…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気になる唇の荒れや乾き

今年は木枯らし1号が吹いたとか 吹いていないとか そんな話題がメディアで取り上げられてもいましたが 壁にかかったカレンダーも 机の上に置いた卓上カレンダーもあと1枚を残すのみ 日中の最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2回 漢方セミナーが終わりました。

一昨日は漢方相談の午後の部を休み 聖快堂に隣接した茶話の杜 Moku-anにて ワークショップ形式での 第2回 漢方セミナーを開催いたしました。 今回の参加者の皆様も漢方の歴史や漢方の基礎を 形作る陰陽五行論…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

身長が伸びる漢方? 3日、4日は連休します。

まずは連休のお知らせです 今週末の11月3日(祝)と4日(日)は定休日の為、連休と させていただきます。 (メールや電話での御問合せ・御相談) ・メールでのお問い合わせ、御相談 3日、4日は受信、受付のみとなります。 尚、業務の都合上 誠に勝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は霜降

今日23日は 二十四節気の「霜降」 本朝七十二候では 「霜降」の初候を ” 霜始めて降る ” 秋も末となり田園等に霜が降り始める時節とし 中国の七十二候では …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漢方セミナー終わりました 寒露の末候

写真は一昨日、茶話の杜 Moku-anにて ワークショップ形式で開催いたしました 漢方セミナーの様子 漢方の歴史に始まり 漢方の基礎となる陰陽五行の話や気血水の話など 興味のある方…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

秋は「肺」の養生を意識する

暑さ寒さもお彼岸までとは よく言ったもので・・・ 秋の彼岸に合わせるかのように 陽が昇る前や陽が落ちる時間には そろそろ肌寒ささえ 感じられるここ大阪です。 漢方の基礎となる五行論に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休のお知らせと漢方講座

まずは連休のお知らせです。 来る9月16日(日)と17日(祝)は定休日の為、連休 とさせていただきます 尚、明日15日(土)は通常通り、漢方相談の受付は 13時迄の土曜営業となりますので御注意ください。 (メールや電話での御問合せ・御相談) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微熱が続く・・・ 心因性発熱

日々の漢方相談で よく頂戴する御相談に”微熱が続く・・・”があります。 もちろん、風邪等のウイルスによる感染症ではなく 病院での臨床検査値ではこれといった原因が見つからず どこも悪くないはずなのに原因不明の”微熱が続く・・・”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五季の「秋」は五気の「燥」

朝夕にずいぶん涼しくなった大阪です。 若い頃は全く気にもならなかったのですが・・・ 50代も後半になると ここ数年はお盆を過ぎると 指先の乾燥で「秋」の訪れを実感するせいかいどうです。(笑) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年は豊作の秋か不作の秋か

毎日、暑い日が続きますね~ 暦の上では昨日7日が「立秋」でしたが・・・ 「秋」は名ばかり まだ当分は暑い夏の日が続く事でしょう(苦笑) さて、本日はまだまだ先と言うのが実感としての「秋」 ですが・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小暑の末候

今日18日は 二十四節気 「小暑」の末候 日本、中国共に七十二候では 「小暑」の末候を ” 鷹乃(すなわ)ち学(わざ)を習う ” 今年生まれた鷹の幼鳥が親から飛ぶ事を学び終え 、夏の空に舞い上がる時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陽極まれば陰に転ず 今日は夏至

大阪北部を震源にした地震の発生から3日 せいかいどうが住む大阪市内では大きな被害はなかった ものの 大阪府下の北部に位置する市町村では尊い命が失われ 今もライフラインが止まっているところや昨日の大雨によ る避難指示や勧告が出ているところもあると聞きます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日26日(土)は臨時休業します。

聖快堂からのお知らせです。 明日26日(土)は 薬房内の補修工事に伴い、相談業務に支障がでる為、 漢方相談及び発送業務を休ませていただきます。 尚、翌27日(日)は定休日の為、連休となります。 御来房の際は必ず電話又はメールにて御確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。