テーマ:おすすめの本

夏バテ予防に汗を掻く それは今

G20の喧騒から解放された大阪ですが いやぁ、毎日が実に蒸し暑いですね。 観測史上、最も遅い梅雨入りで 雨が少なく 比較的 過ごしやすい六月でしたが その遅れた分を取り戻すかのような蒸し暑さと雨の毎日。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きょうだいコンプレックスを読む

今日は先日、書店で見つけて購入 興味深く読んだ1冊の御紹介 著者は以前、過去記事で紹介した 「母という病」を書いた精神科医の岡田尊司氏 過去記事へ http://seikaido.at.webry.info/201402/article_3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅田次郎の”一路”を読む

お盆を前後とした今年の夏休み いつものように博多から長男が 京都からは次男が帰省し 自宅にいる妻と娘に愛犬つばさとももを加え 賑やかな4日間 とは、言うものの親子の団欒どころかそれぞれが友人達と遊び回るのに 忙しく 深夜に帰って来たり 朝帰り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日は大雪 ”犬と人のいる文学誌”

明日7日は 二十四節気 「大雪」 本朝七十二候では 「大雪」の初候を “ 閉塞(そらさむく)冬と成る ” 天地の気、まさに塞がりて真冬に至る頃とよみ 中国の七十二候では 「大雪」の初候を “ &#40353…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「がまん」するから老化する

我慢強さや 自己犠牲を この社会では美徳と考えがちですがは 日々の漢方相談において感じるのは そういう人ほど心と体のバランスを崩してる場合が多いと言う事 先日、このような本を読みました …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他人を攻撃せずにはいられない人

写真は 気になるタイトルに・・・ 書店で手に取った1冊 ”他人を攻撃せずにはいられない人”               片田珠美 著 現役精神科医が職場や家族に潜む「害になる人」の精神構造を解き明かす ひとに暴言を吐く …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物は人類最強の相棒である

漢方薬の多くは植物の葉や実、茎、根等を原料としています あっ、もちろん動物性の生薬も多いですが。 そんな漢方薬を日々扱うせいかいどうが先のGWの休暇中に読んだ1冊 ”植物は人類最強の相棒である”  田中修 日々、生薬を扱うものとして単に薬効云々ではなく人類が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母という病

以前からとてもタイトルが気になっていた本なのですが・・・ 先月、新書版がリリースされたので購入 精神科医である著者が 母子関係と病についての考察を書いた一冊 ”母という病”  岡田尊司 著  ポプラ新書 目次 序 章  母親という十字架に苦しんでいる…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

土を喰う日々

一昨日、例年よりも随分早く梅雨明けした大阪 それを知ってか知らずか 昨日の朝から大阪ではクマゼミが大合唱 最新の気象観測機器を駆使する気象庁の予報官よりもクマゼミの方が きっと自然界の移り変り、夏の訪れを正しく知る術を身につけているので しょうね(笑) さて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医者に殺されない 47の心得

写真の書籍は 今回の旅のお供にと空港で購入した1冊 以前にも1度紹介した事のある近藤誠医師の本です。 近藤医師 関連の過去記事へ http://seikaido.at.webry.info/201101/article_7.html http://seikaido.at.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳はバカ、腸はかしこい

今日は本の紹介 心と体のバランスを崩し 漢方相談にお見えになる患者さんは一様に日々快便という方は少なく 便秘や下痢に悩まされ、またはそれらを交互に繰り返す方が多い事から 漢方における「気」「血」「水」の「気」の流れを消化管に例えながら 漢方相談の場では腸の大切さを力説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツナグ

人生で たったの一度だけ 死んだ人に会えるとしたら あなたは誰に会いたいですか?? この世とあの世をつなぐ 「使者」と それぞれの話の中で 登場人物たちが背負う人生の荷 死んだ人への思い 生きている人への思い それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みをつくし料理帖を読む

人気小説の映像化 当ブログの読者の皆様は 読んでから見る派? それとも 見てから読む派? そのどちらでしょうか?? 活字好きのせいかいどうは 勿論 読んでから見る派です 先に原作を読むと 登場人物を自分なりにイメー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”ヘタな人生論より「寅さん」のひと言” 明日から連休。

明日から聖快堂は下記の通り連休いたします。 8月11日(土) 夏季休業 8月12日(日) 定休日 8月13日(月) 夏季休業 8月14日(火) 夏季休業 8月15日(水) 夏季休業 8月16日(木) 通常通り  前記の通り、11日~15日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高野山 一乗院のこころとからだをととのえる精進料理

こころとからだをととのえる精進料理 先日、書店でそのタイトルに惹かれ 思わず手に取ったまま その写真の美しさに思わず見入ってしまい購入した1冊 世界遺産、高野山の人気の宿坊、一乗院の料理長による精進料理の レシピ本 ”高野山 一乗院のこころとからだをととのえる精進料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天地明察

世紀の天体ショー「金環日食」にはじまり 天空高くそびえる「東京スカイツリー」の開業に沸いた今週 そんな「天」を見上げる事の多かった1週間の締めは「天」つながりで 2010年に本屋大賞に輝き話題になった1冊 ” 天地明察 ”  著者: 冲方丁 を読んで見ようかと書店…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大往生したけりゃ医療とかかわるな

写真の書籍は 今、大変話題になっている ”大往生したけりゃ医療とかかわるな 自然死のすすめ” という タイトルからして少々刺激的な1冊 著者は1940年生まれ 京都大学医学部を卒業し 現在は老人ホーム に附属した診療所の所長を勤める現役医師 中村仁一氏 内容は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸福について 人生論

せいかいどうが学生時代に読んだ”人生論”が今、大変人気で書店から の注文が殺到し、昭和33年初版の文庫本が増刷に増刷を繰り返して いるのだとか。 その理由は朝日新聞の読書欄によるとTVの報道番組にゲスト出演した ある作家が読むと「肩の荷が下りる」本であると紹介したのがきっかけら しい。 学生時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休日は指圧でラブ♪ラブ♪

週末ですね 土日がお休みという方は 有給をとり20日(祝)まで4連休という人もいるかも。 せいかいどうは日曜と祝日のみが定休なので飛び石 特に予定もないので 今回の飛び石休日は愛しいあの子達と1日中くっつき虫 そんなまったりした休日に重宝しているのがこの1冊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見せびらかすイルカ、おいしそうなアリ

読書の秋 今日は この連休中に書店で見つけ とても興味深く読んだ1冊の本を紹介します。 日々、漢方相談を生業としていると 患者さんの御相談から 男と女について 深く考えさせられたり それぞれの生き方に 学ばされる事も多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「陰力女」こそ男を幸せにする

本日のブログ タイトルは 先日書店の東洋医学のコーナーで見つけて買った本の題名 ”「陰力女」こそ男を幸せにする 漢方専門医が教える見分け方、育て方” 著者は著名な漢方医 丁 宗鐵 先生 「陰力女」って?? 陰気な女? それとも翳(陰)のある女の事?? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語おもしろい 脳にウケるたのしい雑学

今日は先週末に暇つぶし半分で読み始めたら止らなくなった雑学本の 紹介(笑) タイトル: 日本語おもしろい 脳にウケるたのしい雑学            坪内宙太 著  新講社ワイド新書 日常、私達が何気なく使っている言葉を286個取上げ その言葉が持つ意外な由来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬のこころ

今週のブログ仕舞は1冊の本を紹介 先週末に発売されたばかりの新刊で タイトルは ”犬のこころ 犬のカウンセラーが出会った11の感動実話”                                  三浦健太著  角川書店 全国で犬のしつけ教室を開催し犬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性のための東方養生新書

週末の12日は二十四節気 「芒種」の次候 本朝七十二候では「芒種」の次候を ” 腐れたる草蛍と為る ” 腐って蒸れた草の下から孵化した蛍が夕闇に光る姿をあらわし始める 時候と詠み 中国では「芒種」の次候を ” 鵙(もず)始めて鳴く ” …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CDブック 心の法話

最近、こんなCDブックを買いました。 日本各地の名刹の紹介と 現代の名僧達による ありがたい法話が収められたシリーズ本 30回シリーズの1回目 創刊号は 瀬戸内寂聴さん 「素直に喜び、感謝すれば、幸せになる」 というタイトルでの御話 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"心がぽかぽかするニュース"を読む

先日、ソウル行きの便を待つ空港の書店で見つけたのが本書。 ”心がぽかぽかするニュース HAPPY NEWS 2009” (社)日本新聞協会編  文藝春秋 何でも最近TVで紹介されたというPOPと共に書店の目立つ場所に平積 みになってる1冊を手に取り 行き帰りの機中での…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永遠の0(ゼロ)

涙が止まらない・・・ 歯を食いしばって号泣した・・・ あふれる涙を抑えようがなかった・・・ そんな書評や本の帯に書かれた読者の感想を見て、せいかいどうも ひさしぶりにそんな感動を味わってみたいと先週末、タイトルの本を 読んで見ました。 内容はというと 人生の目標を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”奇跡のリンゴ”を読む

数年前、一流の仕事を題材にしたNHKの人気ドキュメンタリー番組 「プロフェッショナル 仕事の流儀」に取り上げられたリンゴ農家。 その放送内容を1冊の本にまとめ、多くの読者に感動を与えたという ”奇跡のりんご”   石川拓治 著  幻冬舎 の紹介です。 TVで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クスリは飲んではいけない!?

■タイトル: クスリは飲んではいけない!? ■著  者: 船瀬俊介 ■出 版 社: 徳間書店 過去記事にも一度、新潟大医学部教授 安保先生のこういった内容の 書籍を取り上げましたが・・・ 過去記事へ http://seikaido.at.webry.info/200506/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。