テーマ:食養生・薬膳

新型コロナ禍でも初がつお

新型コロナウイルスの感染拡大 そんな新型コロナ禍で 世は自粛ムード一色ですが それでも確実に季節は流れ 春が来て桜は咲き 自粛する事無く日本近海へと やってくるのが旬の便り”初がつお” 本来は5月の「立夏」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット通販、注文を連打する 春分の末候

今日30日は 二十四節気 「春分」の末侯 本朝七十二候では 「春分」の末侯を ” 雷乃(かみなりすなわち)の声を発す  ” 春の気がますます盛んとなり遠雷の音が鳴る 時節とし 一方、中国の七十二候では …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花粉で顔が痒い 春分の次候

今日25日は 「春分」の次候 本朝七十二候では 「春分」の次候を ” 桜始めて開く ” 桜も春の到来に開花が始まる時節とされ 中国の七十二候では 「春分」の次候を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閉塞感には豌豆で気を巡らす

写真は先週末に 晩酌の晩酌のおつまみとして食べた ” スナップエンドウ” 茹でた”スナップエンドウ”にツナマヨを和え シャキシャキした食感を楽しみながらさやご と食べる”スナップエンドウ”に春の香を感じ ながらビールを楽しんだせいかいどうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発るの夜に竹と柿のコラボを楽しむ?

人とは違い 晴れが3日続かないと言う春の雨を 降る雨ごとに喜ぶのが草木達 漢方の古書、 黄帝内経素問ではは昨日の記事に も書いたように「春」は「発陳」 「春」という言葉の語源ともされる「 発る」 (張るも語源の1つ) 寒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒玉から春玉へ

え?何の話?? 答えは”キャベツ” 3月は 終わりが近い冬キャベツと これから旬を迎える春キャベツの 両方が楽しめる時期 そこで昨夜は終わりも近い冬キャベツで ロールキャベツを楽しみました~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いか大根

写真は「啓蟄」の昨夜の晩酌の肴 ”いか大根” 例年、この時期は花粉等による喉のイガイガ が気になったりしますが 今年は新型コロナウイルスの市中感染が拡大 し、誰もが健康面に神経質になっているだけ に余計に喉の不調も気になる事でしょうね。 そこで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食べるのが切ないカステラ

タイトルの 食べるが切ないカステラとは? そうなんです! 我家の愛犬達と似たプーちゃんの顔が焼印された カステラ 三重県産の高級小麦粉 あやひかり、無添加非加熱 の四日市 百花蜜、鹿児島産 天然粗糖等の素材に こだわった デ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旬の真鯛を楽しむ

御祝いの膳に欠かせない魚 日本の食卓で愛される魚が”鯛” 食通の人はその身よりも ”鯛”の皮を好むと言う話しを聞きますね。 せいかいどう自身は特別な食通ではありませんが コリコリ歯応えのあるものが好きなので ”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は雨水 貝柱と新わかめに舌鼓

今日19日は 「立春」から数えて十五日 空から降る雪は雨となり 降り積もった雪や厚く凍った氷も解けて水となる 草木萌え動き 獺も魚を獲るのに忙しいという 二十四節気の「雨水」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芹と豚のコチュジャン和えを楽しむ♪

写真は休日だった昨夜の晩酌の肴 冬から春へと季節が変わる今がちょうど旬の 野菜”芹せり” 春の七草のひとつにも数えられる為、七草粥 の時期が出荷のピークと聞きますが、七草粥 は本来、旧暦での行事 今日は旧暦の1月19日となる為、本来は今 時分が”芹”も育ち美味しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フライパンでパン作り 立春の次候

週末の明後日9日は 二十四節気 「立春」の次候 本朝七十二候では 「立春」の次候を ” 黄鶯睍睆(うぐいすなく) ” 寒さがまだ厳しい中でも鶯はいち早く春を感じ 山里で美しい鳴き声をあげ始める時節とされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11日は休業 今流行りの豚汁・・・

まずはお知らせです。 来る2月11日(祝)は定休日の為、漢方相談 を休ませていただきます。 尚、2月10日(月)14時以降に頂いたメー ル等への回答は12日(水)以降、順次返信さ せていただきますので御了承くださいませ。 さて、写真は”豚汁” 東京発の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立春には何を食べる?

今日4日は 二十四節気 最初の「立春」 新しい春が生まれる日とされ 新しい年のはじまり、1年のはじまりの日と 考えられて来た日でもあります。 七十二候では 日本、中国と共に 「立春」の初候を ” 東風(はるかぜ)凍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は魔を滅する節分

今日3日は「節分」 春夏秋冬とそれぞれに各18日間ある「土用」 それぞれにあるその「土用」が終わり 二十四節気の「立春」「立夏」「立秋」「立冬」 を迎える前日が節目の日、「節分」です。 特に2月3日の「節分」は 二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春隣 晩酌の肴は”水菜”

今日で1月も終わり 明日からはもう2月ですね 2月に入ればすぐ「節分」があり そして 二十四節気の最初の「立春」 暦の上ではもう「春」なのですね。 そんな春隣の昨夜は晩酌の肴に 今が旬の”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貝汁で潤燥する 大寒の末候

明日30日は 二十四節気、七十二候 最後の 「大寒」の末候 本朝七十二候では 「大寒」の末候を ” 鶏始めて乳(とやにつく) ” 鶏が春の「気」を感じ卵を産む時期とし 中国の七十二候では …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駅弁は・・・

写真は休日に妻と出掛けた梅田のデパート の催事「全国駅弁まつり」で買った有名駅 弁。 その昔、20代の前半に「青春18きっぷ」 で山陰地方を旅した時に食べた記憶を辿り、 一時は販売が途絶えていたものの近年復活 したというかに寿司を私はチョイス。 40年近く前の記憶を懐かしみながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牛すき焼きうどんを楽しむ大寒の次候

週末の明日25日は 二十四節気 「大寒」の次候 本朝七十二候では 「大寒」の次候を ” 水沢腹堅(さわみずこおりつめる) ” 厳しい寒さで沢に氷が厚く張りつめる頃とし 中国の七十二候では …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は年神様を見送る小正月

今日は1月15日 元日を大正月とも言いますが 元日から半月、今日15日は 小正月ですね そして小正月は 五穀豊穣や無病息災 家内安全等を願い各家庭に 元旦の日の出と共にお迎えした年神様を正月 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12、13日は連休 とり松のばらずしを楽しむ♪

まずはお知らせから 12日(日)、13日(祝)は定休日の為 漢方相談を休ませていただきます。 明日11日(土)は土曜営業13時迄とな ります。 尚、11日以降にいただいたメール等によ るお問い合わせへの回答は14日(火)以 降の対応となりますので御了承くださいま せ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おせちに飽きたら かき玉

五穀豊穣や家内安全、子孫繁栄を願い その一品一品に意味を込め 山の幸、海の幸を食べる「おせち」 今は 年越しカウントダウンの帰りに 元旦からハンバーガーを食べたという人も いるにはいますが・・・ 三が日はおせち そのおせち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七草と五味とヒポクラテス

今日は正月7日 「万病をのぞく」とされる七草粥を食べる日。 読者の皆様は七草粥を召し上がられましたか? 今日は無理と言う方は本来、旧暦の正月七日 なので今年の場合は月末の1月31日、もう 一度チャンスはありますよ。 但し、七草が揃えばの話ですが・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日から寒の内 小寒

あらためて 新年 明けましておめでとうございます。 聖快堂の仕事始め 今日6日は 二十四節気の「小寒」 「小寒」から 「立春」前日の節分までの30日間は 「寒の内」と呼ばれ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年神様を迎える準備を済ませ  御挨拶 2019

今年も残すところあと2日 読者の皆様には1年の幸福をもたらすという 「年神様」を迎える準備は済まされましたか? 正月と言え普段とは何も変わらないと言う令和 の時代とはなりましたが子孫繁栄や五穀豊穣に 深く関わり、人々に健康や幸福を授けるとされ ている「年神様」をしっかりお迎えするお正月 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスになまこ!?

昨夜はクリスマスイブ チキンやピザにシャンパンにワイン そしてケーキ? いえいえ、もう子供達も皆成人してしまった せいかいどう家はクリスマスとはいえ普段と 変わらぬ食卓 昨夜は写真の”海鼠 なまこ”を肴に熱燗で晩酌  これか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一陽来復の冬至に何食べる?

この週末、街はクリスマス一色となりそう ですが・・・ 明後日22日は 二十四節気の「冬至」 日本が位置する北半球では太陽の位置が1年 を通し最も低くなり日照時間も短くなる頃 同時に「冬至」に新しい「陽」が生まれ、こ れを境にして「夏至」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。