テーマ:食養生・薬膳

秋は山かけ丼を食べ養肺 11月3日、4日は連休。

まずは連休のお知らせです。 来る 11月3日(祝)4日(振)は定休日の為、 連休します。 (メールや電話での御問合せ・御相談) ・メールでのお問い合わせ、御相談 2日(土)、3日(祝)、4日(振)は受信、 受付のみとなります。 明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春に咲く春菊を秋冬に楽しむ 霜降

今日24日は 二十四節気の「霜降」 本朝七十二候では 「霜降」の初候を ” 霜始めて降る ” 秋も末となり田園等に霜が降り始める頃 中国の七十二候では 「霜降」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の昼ごはん”牡蠣めし弁当”

明日19日は 二十四節気 「寒露」の末候 本朝七十二候では 「寒露」の末候を “ 蟋蟀(きりぎりす)戸に在り ” 蟋蟀(しつしゅつ 一節にはコオロギの異名とも言われる) が戸にあって鳴く時節であるとよみ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石田三成の思い込みと柿 「寒露」の次候

各地に甚大な被害をもたらした台風19号 被災地の皆様に心からのお見舞いを申し上 げます。 同時に一日も早くもとの生活が取り戻せる ようお祈り申し上げます。 台風一過 体育の日で祝日だった 昨日14日は 二十四節気 「寒露…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙太郎の栗むしを楽しむ 秋分の末候

昨日3日は 二十四節気 「秋分」の末候 日本、中国と共に 七十二候では 「秋分」の末候を ” 水始めて涸(かる)る ” 「涸」は尽きるという意味で水田の水を干して 収穫に備える時節とします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

固ゆでのブロッコリー噛めますか?

その昔 芸能人は歯が命という TVコマーシャルがありましたが お肉は柔らかい物よりも噛み応えのある 方が好き 魚も極力、骨までバリバリ 同じく野菜も牛蒡や蓮根等歯応えがある ものが好きなせいかいどう 冬が旬ではありますが通年を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薩摩芋ごはんで補気する秋分の次候 

明日28日は 「秋分」の次候 七十二候では 日本、中国と共に 「秋分」の次候を ” 虫蟄(かく)れて戸をふさぐ ” 秋の深まりを感じた虫蟄(ちっちゅう)が冬に 向けて穴の中に入り戸をふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂肝を葱ポン酢で楽しむ

お彼岸も終わりが近づき 9月も月末が近くなると 季節も一歩進んだようで 気候もぐっと秋めいてきましたね。 あれだけ、心地良く感じた エアコンや扇風機の風が肌寒く感じてしまうという 身勝手さ(笑) 風呂上りの晩酌も冷たいビール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漢方の効果が出ない人 薬食同源

漢方相談にお見えになった患者さんから 過去にも 漢方はいろいろ試してはみたが効果が出なか った。 一時的に効果は認められ改善の兆しはあったも ののよくなったり悪くなったりをくりかえし結 局は服用をやめてしまったという声を聞く事が よくあります。 そんな患…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋鯖を楽しむ 白露の末候

今日18日は  二十四節気 「白露」の末候 本朝七十二候では 「白露」の末候を “ 玄鳥(つばめ)去る ” つばめが暖かい南の地へと帰っていく頃とされ 中国の七十二候では …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘く美味しい輸血? 白露の次候

今日13日は 二十四節気 「白露」の次候 本朝七十二候では 「白露」の次候を “ 鶺鴒(せきれい)鳴く ” 川や沼など水辺で鶺鴒が鳴き始める時節とし 中国の七十二候では …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戻りカツオ食べ 秋バテ予防

今日9月9日は 五節句の「重陽」 東洋医学の基礎を作る陰陽学において奇数は「陽」偶数 は「陰」 「陽」の最大数である「9」が重なる9月9日を「重陽」 と呼び様々な節句の行事が今に伝わるとされます。 ※本来の「重陽」は旧暦なので今年は10月7日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身土不二 秋野菜の湯葉巻を楽しむ

先週末、休日に楽しんだのが 京都、三条に本店を持つ ”名代とんかつのかつくら”でのランチ 国産食材にこだわる等、食に対して厳しい姿勢で 食材や素材のひとつひとつに心を配るとんかつの お店。 このお店でせいかいどうがお気に入りのメニュー は春・夏・秋・冬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏に浴びた紫外線ケアは海老

九州北部をはじめとする各地に甚大な被害をもたらし ている豪雨禍 今回の豪雨による被災地にお暮らしの皆様に心より御 見舞い申し上げると1日も早い復旧をお祈り申し上げ ます。 その他の地方においても今週末にかけては秋雨前線が 活発化し、大雨が予想されていますので読者の皆様も 引き続き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人も愛犬も梨食べ夏に失った体液を補う

週末の大阪は 秋の気配を実感できるほど 空気が乾燥し 日陰では過ごしやすい涼しい週末となりました。 自然界においては天地が粛(しじ)む頃 粛むには衰える、縮むという意味があるそうですが ようやく暑い夏の終わりが見えてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鮑で滋陰する処暑

今日23日は 二十四節気の「処暑」 暑さがようやく止み  涼風が吹き始める頃とされています 本朝七十二候では 「処暑」の初候を ” 綿の柎(はなしべ)開く ” 綿の花が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立秋

今日8日は 二十四節気の「立秋」 暦の上では「秋」のはじまりです。 七十二候では 日本、中国共に 「立秋」の初候を “ 涼風(すずかぜ)至る ” 暑さの中にも朝夕は少しずつ涼し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大暑

今日23日は 二十四節気の「大暑」 暦の上では今日から来月7日の「立秋」迄が 一年で一番暑いとされる時期です。 本朝七十二候では 「大暑」の初候を ” 桐始めて花を結ぶ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨バテ予防に南瓜のスープ 小暑の末候

今日18日は 二十四節気 「小暑」の末候 日本、中国共に 七十二候では 「小暑」の末候を ” 鷹乃(すなわ)ち学(わざ)を習う ” 今年生まれた鷹の幼鳥が親から飛ぶ事を学び終え 、夏の空に舞い上がる時候とか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茄子の田楽を楽しむ 小暑の次候

明日13日は 二十四節気 「小暑」の次候 本朝七十二候では 小暑の次候を ” 蓮(はす)始めて開く ” 蓮の花が咲き始める頃とし 中国の七十二候では 小暑の次候を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休も朝食は食べましょうね。14日、15日は連休

まずは聖快堂からのお知らせです。 来る7月14日(日)と15日(祝)は定休日の為、連休 とさせていただきます 尚、13日(土)の漢方相談の受付は13時迄の土曜営業 となりますので御注意ください。 (メールや電話での御問合せ・御相談) ・メールでのお問い合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蒸し暑い梅雨に鱧食べて「利水滲湿」

先週末は私事ですがちょっとした御祝い事があり お昼に懐石のランチを食べてまいりました。 写真はそのコースの中で出てきた揚げ物で”鱧 はも” 関西では初夏から湿気の多い梅雨時期にかけ 食べる機会が増える、今が旬の季節の魚です。 骨が多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生真面目な桃

七十二候では半夏生ず ちょうど田植えを終える頃で 関西では植えた稲が蛸の吸盤のように田んぼに吸い付くよう 半夏生に蛸を食べたり また、地域によっては田植えの労をねぎらいうどんを打って食 べる「半夏生うどん」 田植えに疲れた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日は夏至の末候

昨日27日は 二十四節気 「夏至」の次候 本朝七十二候では 「夏至」の次候を ” 菖蒲(あやめ)華(はなさ)く ” 菖蒲の花が咲き始める頃とし 中国の七十二候では …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストロベリームーンとゴーヤ

梅雨はどこへ 先週末の雨でも梅雨入り宣言が出なかった大阪 梅雨に入ろうと入るまいとこれからは蒸し暑い毎日が続 きそうですが・・・ 昨夜は梅雨入りが遅れているせいもありアメリカの先住民 がその収穫期と重なる事から名付けたという六月の満月、 ピン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太刀魚の天麩羅を楽しむ梅雨の夜

時折、晴れ間はあるものの まさしく梅雨のような曇天続きの大阪 もう梅雨入りでしょ!と思うのですが・・・ まだ、梅雨入りを発表するには気象庁の基準には達して ないとかで(笑) ま、一般人には小難しい基準云々はどうでも良く梅雨に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茗荷で梅雨時期の風邪予防

ここ大阪は昨日 梅雨入り宣言を見送ったものの 近畿以外の多くの地方では梅雨入りが発表され これからしばらくは高温多湿な日々が続きますね。 「夏は伏陰」 夏は腹中に「陰」ありて消化器の能力が低下 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枇杷の実と枇杷の葉

愛犬との早朝散歩の途上で ”枇杷 びわ”の実がたわわになっているのを目にしました。 これから旬を迎える果実の1つですね。 以前のブログにも書いたかも知れませんが”枇杷”の木 を見るとある御客様を思い出してしまいます。 その御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月は生冷を避け腹八分

平成から令和へ 改元で始まった5月も終わり 月が替わって6月になると 咽頭結膜熱や手足口病、溶連菌の感染症等が増えて来 ますが、日々の生活で気をつけないといけないのが冬場 の流行時期ほどではないものの”感染性胃腸炎” …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。