弁証論治って何?

画像





日々の仕事の中でよくある話なのですが



はじめて漢方相談にお見えになった患者
さんや



電話等でお問い合わせいただく御客様から



「先生!○○さんの紹介なんですが・・・
○○さんと同じ薬をいただけますか?」



「あの~~□□病には◎◎湯が良いと効い
たので・・・◎◎湯は置いてますか?」



中には



「実は知人から少し分けてもらった漢方薬
を飲んでみたら調子がいいので、◎◎湯と
△△散をもらえますか。」



等と御薬を指定される方がいらっしゃいます。




本来、販売だけを考えた場合は正直とても楽
です。(笑)




しかし、漢方は他人が効いたから自分にも効
くと言うものではありません。



これは以前、「異病同治」「同病異治」の記
事で詳しく書いたと思います。


初めての方、忘れた方はこちらへ
http://seikaido.at.webry.info/200506/article_28.html



本来、万人にこれが効くというものはないの
です。



漢方治療の効果を最大に引き出すためには、
やはり患者さん御本人の証を見究める事か
ら始めるのが不可欠。



そして「証」を単に見究めるだけではなく、
さらに厄介なのは「病」と「証」は治療の
段階と過程で変化して行くという事です。



1度判断した「証」は不変ではなく「病」
と「証」の変化に合わせ服用する方剤も
変えていく、このような治療の事を
「弁証論治 べんしょうろんち」と言います。



ただし、一定の効果を得て「病」が安定期
に入った場合や「未病」対策としては同じ
方剤を長く服用することもあり、この限り
ではありません。



以前の記事でも書いたように「風邪」でさえ
も急性期、亜急性期、回復期と病の段階に合
わせ自身に最も適した御薬が選ばれる・・・



洋服で言うならば既製服に体を無理に合わせる
のではなく、自身の体にぴったり合うオーダー
メイド(笑)



これが漢方の最大の強みでもあり、魅力です。





■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html


■漢方講座の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/6285152e0e.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関
する御問い合わせ、御相談は御電話またはメールにて
お願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。