”痛み”の原因を考える 立夏の末候

画像






今日16日は





二十四節気 「立夏」末候





本朝七十二候では





「立夏」末候





” 竹笋(たけのこ)生ず ”





たけのこが生える時期とされ





中国の七十二候では





「立夏」末候





” 王瓜(おうか)生ず ”





王瓜(からすうり)が青い実をつける時とします







さて、タイトルの話です。





日々の漢方相談で多いのが慢性的な”痛み”に関する訴え





特に原因もないのに3か月以上”痛み”が続く”慢性痛”





その”痛み”を感じる部位は





頭痛であったり腰痛であったりと様々なのですが・・・






先日、TVで病気や健康をテーマにしている番組を見ていると





”慢性痛”の原因は単に”痛み”を感じる患部だけの問題ではなく





脳内の血流が低下し痛みを抑える機能に問題が生じている場合
が少なくないという最新の研究結果が話されていました。





あ、これはけっして脳の病気と言う事でなく





病は気からと古くから言われる通り





日々の漢方相談でも何事にもネガティブでマイナス思考な人
ほど慢性的な”痛み”に関する訴えが多いように感じます。





そう言えば、腰痛の多くは心因性という話も過去記事で書き
ましたね。



http://seikaido.at.webry.info/200810/article_6.html






特に原因もないのに





”慢性痛”に悩んでいると言うあなた





身心一如





その”痛み””心の痛み”かも





痛み止めを漫然と服用し誤魔化すのではなく





その”痛み”の本当の原因を漢方相談を通し一緒に考えて
みませんか。







■よくある相談 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b1b79e308b.html


■漢方神経科の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/2701f95afe.html


■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com

漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する
御問い合わせ、御相談は御電話またはメールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。