20日は大寒

画像






週末の






明後日 20日は






二十四節気の最後






24番目の「大寒」






二十四節気 最初の「立春」






その春を隣にして1年を通し寒さが最も厳しい時期でも
あります。






本朝七十二候では





「大寒」初候




” 欵冬(ふきのはな)華(さ)く ”



欵冬=蕗の薹 



ふきのとうが春の気を感じて氷を破るようにして蕾を
出す頃





中国の七十二候では




「大寒」初候




”鶏(にわとり)始めて乳(にゅう)す” 



乳す=卵を産む。




春の気をいち早く感じた鶏たちが、交尾を始めたり、
卵を産み始める時節とします。






さて、そんな春の隣の「大寒」あたりから





本格化するのが受験シーズン





受験生の御子様の体調を気にする親御さんからの
お問い合わせが増える時期でもあります。





本番を前にして気が昂り過ぎ睡眠が上手く取れない






本番になると緊張しすぎて普段の力が出ない






本番中に必ず、お腹の調子が悪くなってしまう





風邪やインフルエンザ等が流行る時期だけに免疫力を
高めたい





等、御相談内容は様々





せいかいどうがいつも言ってますが





実力以上に問題が解けてしまうような魔法の漢方は存在
しませんが・・・





昂り過ぎた神経を落ちつかせる「安神」作用がある漢方や





受験シーズンを乗り切る気力を高める「補気」の漢方





「気・血・水」の流れを整える事で心身の働きを高め、免疫
力をUPする漢方薬等で





今迄、頑張って来た「実力」をしっかりと発揮する御手伝いは
可能ですので御気軽に御相談くださいませ。







■よくある相談 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b1b79e308b.html



■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html





■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com

漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問い合わせ
、御相談は御電話またはメールにてお願いします。








大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。