豌豆で理気する春の夜

画像






今日26日は





「春分」次候





本朝七十二候では





「春分」次候





” 桜始めて開く ”





桜も春の到来に開花が始まる時節とされ





中国の七十二候では





「春分」次候





” 雷乃(すなわ)ちの声を発す ”





春の気も盛んとなり雷鳴響き、その音に驚かされる事も
多い時節とします





さて、写真は昨夜の晩酌で楽しんだ




春の味覚 ”えんどうまめ”




そろそろ旬の野菜として出回り始めていますね。




せいかいどうが食べたものは




近年人気のさやごと食べるアメリカ生まれの新品種
” スナップエンドウ”





さやの中の豆が熟してもさやが固くならずに軟らかい
ままなので”さやえんどう”が持つシャキシャキした食
感とグリンピース豆の甘みを同時に味わえるという
特長がありとても美味しいのです♪




さっと茹でてマヨネーズやドレッシング、何もつけない
というのも自然な甘味が楽しめ美味しいのですが・・・





昨夜はスマホで検索するとレシピ人気の第1位に輝い
ている”スナップエンドウのおかか和え”を選んで見ま
した。





レシピはいたって簡単





茹でて水切りした”スナップエンドウ”に麺つゆ等で味付
した鰹節を和えるだけ。





春の夜のぬる燗を楽しむ晩酌の肴にはとても合う美味し
い一品となりました♪





■ 豌豆 えんどうまめ



”えんどうまめ”は体内の「気」の巡りを良くし臓腑の働き
を調整する「理気」の食材



五性 「平」



五味 「甘」



帰経 「脾」「胃」




薬効は



食欲不振、嘔吐、下痢によい「健脾益気」「健胃利湿」



吹き出物や外傷腫毒等に良い「解毒利水」



口の渇き、産後の乳汁不足に良い「生津通乳」





最後に気温の寒暖差が大きいのが今時分の特徴




春の陽射しに気は焦るのに




体は重く、やる気が起きない




食欲もなく元気が出ない




そんなあなたには「理気」作用のある春野菜




”豌豆”がおすすめですよ~








■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html



■私のお気に入り 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/169c7f4e2e.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメールに
てお願いします。



大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。