明日は芒種の末候

画像






明日16日は





二十四節気 「芒種」末候





本朝七十二候では





「芒種」末候





” 梅の子黄ばむ ”





梅の実が熟して黄ばむ時節であるとされ





中国の七十二候では





「芒種」末候





” 反舌(はんぜつ)声無し ”




反舌=もず 




百舌が「夏至」が近づくにつれ鳴かなくなる時節とします。






今朝はしっかりした雨音で目覚めたせいかいどう。





いよいよ今日あたり大阪も「梅雨」入り宣言が出る?





今日の雨は梅雨前線によるものではないと言うので
ルールを守ってまた「梅雨」入りは見送り??





どちらにせよ梅の実が熟して黄ばむ時期だけに今日の
晩酌は梅酒と梅肉を乗せた肴等 楽しんで見ましょうか
ね(笑)






さて、写真は先日





薬房の入口側の壁で





羽根を休めて大きなキアゲハ蝶。






蝶、特にアゲハ蝶が家にやって来るのは御先祖様から
の良い便りと言うスピリチャルな意味をその昔、どこか
で聞いたことがありますが・・・





宝くじでも買ってみる?





いや、そういう俗な事をすぐ考えてしまう時点で運が逃げ
ちゃってますかね?





いつも漢方相談の場では患者さんに





「足るを知れば辱しめられず」


https://seikaido.at.webry.info/200708/article_16.html





病気にならない生き方として少欲知足の大切さを説き
ながらお恥ずかしい限りです。(爆)





では、読者の皆様






素敵な週末を~









■漢方的生き方の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/b9c61a32d6.html


■漢方と珠玉の言葉 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/179a36861e.html





■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に
関する御問い合わせ、御相談は御電話またはメール
にてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。