蒸し暑い梅雨に鱧食べて「利水滲湿」

IMG_5169xxx.jpg



先週末は私事ですがちょっとした御祝い事があり




お昼に懐石のランチを食べてまいりました。




写真はそのコースの中で出てきた揚げ物で”鱧 はも”




関西では初夏から湿気の多い梅雨時期にかけ




食べる機会が増える、今が旬の季節の魚です。




骨が多い”鱧”を熟練の技で骨切し、湯引きして梅肉添え
で冷やしたガラスの器で食べるのも風情があって良いも
のですが、写真奥にある抹茶塩を衣のまぶして揚げた”鱧”
もなかなかの美味。



御祝いの席と言う事もあり、ついつい冷酒がすすんだ
せいかいどうでした。(笑)




では、最後にお勉強



旬の魚 ”鱧”はまさに自然からから梅雨時期の人への
贈り物




■ 鱧


”鱧”は体内に滞った余分な「水」「湿」除く「利水滲湿」
「祛湿」類の食材。



五性 「寒」



五味 「甘」



帰経 「脾」「胃」「肺」「腎」




主な薬効は



間接のむくみ、麻痺、脚気、痔によい「補脾利水」



目の腫れ等によい「清肝明目」




高温多湿な日本の梅雨




特に京都をはじめとする近畿は蒸し暑い地域だけに
体に溜まった余分な「水」「湿」を出す為に根付
いた”鱧”を食べる先人の知恵と伝統の食文化。



大切にしたいものですね~






■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html



■私のお気に入り 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/169c7f4e2e.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関する御問い合わせ
、御相談は御電話またはメールにてお願いします。
大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。