仙太郎の栗むしを楽しむ 秋分の末候

IMG_6281xxx.jpg



昨日3日は




二十四節気 「秋分」末候





日本、中国と共に





七十二候では





「秋分」末候





” 水始めて涸(かる)る ”





「涸」は尽きるという意味で水田の水を干して
収穫に備える時節とします。




さて、写真は昨夜のデザート




せいかいどうのお気に入り




明治19年の創業 添加物や着色料を一切
使わずに「身土不二」の精神で原材料も地物
にこだわるという京都の和菓子屋「仙太郎」




その仙太郎が作る



用意した商品が無くなり次第、販売終了と言
う季節限定菓子



”栗むし”




正式名は「栗蒸し羊羹」だそうで




栗とこしあんをベースに葛と国産小麦粉でつなぐ




もっちりとした程よい食感とあっさりとした甘味
がバランス良い蒸し羊羹。



9月限定の渋皮が付いた方の”渋栗むし”もありま
すが個人的には9月下旬から登場するこちらの方
が好きですね~



せいかいどうが普段、休日の朝にラテを飲みに行
く米国の大手カフェチェーンが作る季節の素材を
使ったフラペチーノもけっして否定はしませんが
・・・


どうせ、旬のものを食べるなら厳選した素材で作
”栗むし”のような日本の伝統菓子もしっかり食
べて日本の秋を楽しみたいものです。



それでは最後にお勉強




■ 栗



“栗”は五臓六腑の働きが衰えた「気虚」に良い
「補気」の食材



五性 「温」



五味 「甘」



帰経 「脾」「胃」「腎」




薬効は



食欲不振、冷えによる腹痛、下痢等に良い
「補脾止瀉」



腎虚による下半身のだるさ、頻尿、夜尿に
良い「補腎強筋」



鼻血、吐血、血便に良い「活血止血」



※但し 、栗は消化しにくい為、1日10個
位迄が適量
とされます。




今年も早や10月



10月ともなれば日中はまだ暑い日はあって
も朝晩は日毎気温も下がってくるはず



その分、夏の疲れが色濃く臓腑の機能低下と
してあらわれやすいのもこの時期の特徴



五臓六腑を元気にする「補気」”栗”はまさに
薬食同源の自然界からの贈り物です。





■食養生・薬膳の過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/e52113f08b.html



■私のお気に入り 過去記事へ

http://seikaido.at.webry.info/theme/169c7f4e2e.html




■聖快堂のホームページ

http://www.seikaido.com



漢方、生薬由来の医薬品及び漢方食品の通信販売に関
する御問い合わせ、御相談は御電話またはメールにて
お願いします。




大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。 聖快堂へのアクセス
●大阪メトロ 谷町線 東梅田から野江内代へ8分 徒歩3分
●京阪電鉄 京阪本線 京橋から野江へ2分 徒歩3分
●JR おおさか東線 JR新大阪からJR野江へ11分 徒歩2分

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

大正7年 初代漢方医の創業から漢方相談一筋。
婦人病・不妊・自律神経・アトピー・癌・慢性疾患・漢方ダイエット・薬膳等の漢方カウンセリング。